Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

チョーチン王座決定戦「筑波流源湖」

201209 / 21
10/17(月)はチョーチン王座決定戦に出場する為に茨城県の

「筑波流源湖」へ行ってきました。

流源湖2 

◆筑波流源湖◆
茨城県結城郡八千代町小屋210
℡0296-48-2960


この大会は、マルキューさん主催の大会でルールはチョーチン(底釣り不可)の

両ダンゴ釣り限定の大会で毎年300名近い参加者が集まる人気大会です。

1Dayトーナメントで1回戦が4時間勝負で7~8名中1名が2回戦に進出し

2回戦は1回戦を勝ち上がった人と昨年の上位5名で争われます。

5時半に受付が始まり場所抽選を受けると太鼓橋桟橋の内向き(№3205)が当たりました。

流源湖4 

流源湖3

早速、釣座まで行きタックルの準備を始めます。

◆タックル◆
竿:8尺(閃光XX)
棚:チョーチン(穂先からウキゴムまでウキ1本分+2cm空ける)
道糸:へら侍童心1.0号
上下ハリス:へら侍童心0.5号 35-50cm
上下鈎:鬼掛「軽量ダンゴヒネリ6号」
ウキ:吉田作グラスストローク5号(カヤボディー7cm)
*エサ落ち目盛はカラ鈎状態で7目盛出し
吉田作グラスストローク5号 

◆エサ(両ダンゴ)◆
ガッテン400cc
パウダーベイトへら400cc
浅ダナ1本200cc
バラケマッハ200cc
水300cc   *50回程かき混ぜたら完成


6時半になり競技が始まりました。

上記のダンゴエサを手水で軟らかくした軟ネバタッチのエサを

直径1.5cm程に鈎付けして打っていきます。

1枚目が釣れたのは開始30分程経ってから・・・

それまではサワリが無く油断していたのですが、突然ナジミきると同時に消し込み

初アタリでヒットしてきました。

しかし、後が続きません。

1番奥の9尺程の選手と左側の12尺前後の選手はポツポツと釣れ出し

アタリもあるのか時折合わせていますが僕のウキは一向に動かず時間だけが過ぎていきます・・・

ハリスを伸ばしたり、エサの配合を変えてみてもウキを動かす事が出来ず

時折は釣れるのですが突然のアタリで釣れ、その後はノーピクといった感じなので

釣り方は全く合っていない感じでした。

訳も分からぬまま、そのような釣りを3時間も続けてしまい残りは1時間・・・

トップの右端の選手はすでに2フラシ目で僕は8枚・・・

すでに勝負あった感じでした。

最後の1時間は55-70cmのハリスにし、基エサにマッハを加えた硬ボソタッチのエサにし

6枚追加しましたが合計釣果は14枚で8.2kg・・・

トップの右端の選手は14kg台だったので、かなり差がついた惨敗となりました。


今年の優勝者は僕と同い年で友人の内島康之選手。

9尺のチョーチンで19.6キロ(34枚)の釣果を上げ念願のチョーチン王になったのでした。

おめでとう~

流源湖 
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク