Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

甲南へらの池「7月度月例大会」【7/15(月/祝)】Ⅱ

201907 / 19
続き・・・
 

20190715_111400.jpg

昼食休憩中に情報収集すると

トップ釣果は7尺チョーチントロロセットで24㎏。

2位は7尺チョーチン両ダンゴで21.9㎏。

という事が分かりました。

20190715_113516.jpg  

その他、カッツケ固形セットや両ダンゴ、

両ウドンの底釣りも釣れており

20㎏前後の人が10名近くいて接戦の様子です。

僕の釣果は20.6㎏(52枚)で5番手くらいの感じでした。

20190715_111524.jpg   

午前中の終盤はアタリが減ってペースダウンしてしまったので

後半戦は竿を少し伸ばし棚も少し深くして

12尺のペレ宙で再開する事にします。

20190715_161810.jpg  


◆タックル◆
竿:12尺(ダイワFX)
棚:80㎝(ウキゴム~オモリまで)
道糸:1.0号
上下ハリス:0.6号20-27㎝
上下鈎:極ヤラズ6号
ウキ:吉田作フォルテ1号(カヤB6㎝太パイプ)
*エサ落ちは5目盛だし

◆ダンゴエサ◆
ペレ軽600㏄
ダンゴの底釣り夏100㏄
水200㏄ *50回程かき混ぜたら完成

20190715_113511.jpg

後半戦の開始直後は一斉に検量したせいか

10分程はアタリなしの状態・・・

15分程するとポツポツと釣れ出しました。

20190715_113504.jpg

しかし狙いの良型ではなく

400g弱の痩せた魚ばかり・・・

釣れるペースも良くありません。

20190715_065621.jpg   

そこでハリスを30-40㎝まで伸ばし

今まで使っていたボソタッチのエサに手水を入れて

軟らかく手直しした物を大き目に鈎付けすると

ペースが上がり出し良型が混じるようになってきました。

20190715_111401.jpg

ヒットパターンは上記基エサを手水で軟らかく手直しした

軟ネバタッチのエサを1.5×2㎝程に鈎付けし

トップ先端付近まで深ナジミさせます。

20190715_113502.jpg

落ち込みの早いアタリはヒット率が悪かったので

良いアタリ以外は合わせないようにすると

ナジミきって一呼吸した後の

力強いアタリにヒットしてきました。

20190715_065621.jpg

時折ガサベラも混じりますが大型も混じるので

トータルすると平均500gくらいと

午前中に比べると少し良い感じ・・・

20190715_152849.jpg

最後は少しペースダウンしましたが

後半の釣果を42枚とした所で

15:10の月例大会終了時間を迎えました。

20190715_162019.jpg

集計の結果は39.4㎏(94枚)で2位。

1位は7尺チョーチントロロセットで43.1㎏。

3位は7尺チョーチントロロセットで38.4㎏。

4位は7尺チョーチン両ダンゴで38.1㎏。

5位は7尺チョーチンウドンセットで37.0㎏。

という結果となりました。

 2019y07m17d_154736844.jpg 
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク