Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

シマノジャパンカップ予選「朝日池」の作戦

201209 / 07
明日、9/8(土)はシマノジャパンカップ中京予選に参加する為に

岐阜県の「朝日池」に行く予定です。

ジャパンカップ富里2 

試釣には行きませんでしたが3年前より毎年同じ時期に行われていて

毎年参加しているので大体の傾向は分かっています。
 
今年は「甲南へらの池予選」と日程がカブっていたので、どちらに参加しようか迷っていたのですが

大会当日の釣り方が8尺のカッツケかチョーチンのセット釣りの2択に絞られる(予想です)ので

迷いが少ない「朝日池予選」に参加することにしました。

この大会、毎年のように上位を独占しているのが8尺のカッツケウドンセットです。
 
間違いなく今年も本命中の本命の釣り方です。

この釣り場は場所ムラが激しく、良い場所に当たった際は両ダンゴで釣れる事もありますが

事務所から見て最奥の桟橋2本の突端付近だけ・・・

というのが通例なので無視しておいても大丈夫でしょう。

対抗は8尺チョーチンのウドンセットとヒゲセット。

カッツケよりも型が良く1.5倍の型が揃う場合もあるので要注意です。

僕は、とりあえずはこの2つの釣り方のみ当日やることを考えています。
 
普段の日曜日では短竿のチョーチンダンゴという釣り方も本命の1つに数えられるようですが

毎年の同大会で、その釣り方で上位の結果を残した選手がいなかったので今回は除外しました。

1回戦(4時間)の通過ラインは5kg前後(20枚前後)と予想し

池の最奥ではトップ釣果が10kgを越えると考えています。

2回戦(3時間)は1回戦敗退者が雨の為、ほとんど帰ってしまう事を考慮すると

1回戦に比べかなり釣果が上がると考えられます。

恐らくは10kg(30~40枚)は釣らないと3位以内には入れないのではないでしょうか。

昨年の、この大会は1回戦で敗れ悔しい思いをしています。

釣り方の選択肢は少ない釣り場なので「清遊湖予選」の時のように 迷ってコロコロと

釣り方を変えるような事のないように信念をもってやり、予選を通過したいと思います。



明日の天気予報は「雨」・・・

この時期の雨の日は魚が浮き気味になることが多いので本番では余程の事がないかぎり

僕は8尺カッツケのセット釣りをやるつもりです。

鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク