Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

ひだ池2月度月例大会【2/23(土)】

201902 / 25
2/23(土)は愛知県豊田市にある

「ひだ池」に行って来ました。

20190223_153345.jpg

この日は毎月第4土曜日に開催されている

池主催の月例大会に参加しました。

参加者は50名で指定場所は旧桟橋の

水道管より手前で抽選をして早い番号順に入場し

指定場所内の好きな場所で釣りが出来ます。

20190223_063349.jpg

抽選の結果は21番目の入場に決定。

友人達も同じくらいの順番だったので

大きく空いていた旧桟橋内向きの

奥寄りの座席に並んで座る事にします。

池の常連さん達にオススメされた

11尺チョーチンセットからスタートする事にしました。

20190223_105000.jpg   

◆タックル◆
竿:11尺(ダイワS)
棚:チョーチン
道糸:0.7号
上ハリス:0.5号/8㎝
下ハリス:0.3号/75㎝
上鈎:鋒(きっさき)8号
下鈎:喰わせヒネリ3号
ウキ:仁成作ウォータースカッシュ4.5号
(羽根B4.5㎝グラスムクトップ)
*エサ落ちは2目盛だし
仁成ウォータースカッシュ4,5号
◆バラケエサ◆
粒戦100㏄
粒戦細粒50㏄
サナギパワー100㏄
水150㏄ *ドロドロにして10分放置
セット専用バラケ100㏄
*50回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆(1袋にサナギ粉30㏄入り)10㏄
コカ・コーラ14㏄
*フタ付きの計量カップに入れてシェイクして仕上げる

20190223_105012.jpg

7:20にエサ打ちを開始すると

10分程でアタリだしポツリポツリと釣れ出しました。

しかしアタリは少なく当たるタイミングも遅いので

合っていない感じ・・・

20190223_105004.jpg

そこで下ハリスを90㎝まで伸ばすと

毎回のようにアタリが出るようになり

ペースが上がり始めました。

20190223_104546.jpg

ヒットパターンは上記基エサを弄らずに

1.7×2.5㎝程にラフ付けし

ウキが立つくらいまでにバラケエサが完全に

落ちるように鈎付けします。

20190223_104551.jpg

下ハリスが90㎝と長いので

その後、時間をかけてユックリとナジミ始めますが

ナジミきったら縦誘いを繰り返し行い

そのナジミ際に出る小さいアタリにヒットが集中しました。

20190223_104600.jpg

早いタイミングのアタリは少なく

ヒット率が悪い上に空振りが続くと

水中のバラケエサが多すぎてしまう為か

クワセエサに反応が無くなり

アタリが無くなってしまいます。

20190223_104554.jpg

早いアタリの時は聞き合わせで対応し

エサ打ちのペースを一定に保つとアタリは続き

10時半の昼食休憩の時間までに

19枚を釣る事が出来ました。

20190223_104549.jpg


続く・・・
 
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク