Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

ダイワへらマスターズセミファイナル「ひだ池」【11/3(土)】Ⅱ

201811 / 07
続き・・・

20181103_094541.jpg

競技時間は12:30~14:30の2時間。

1投目から釣るつもりでスタートします。

ジックリ待ち気味のリズムでスタートしましたが

アタリ始めたのは10分経過後・・・

20181103_094543.jpg  

同じブロックの選手は何枚か釣っており

出遅れたスタートになってしまいました。

その後もアタリは続かず

ポツリポツリのスローペース・・・

全く良い感じにはなりません。

20181103_094644.jpg  

ハリスを伸ばしても動きが増えないので

バラケエサが当日の状況に全く合っていない感じ

そうこうしている内に同じブロックの選手に

5~6枚ほど先行されてしまいました。

20181103_094545.jpg

このままでは逆転は難しいので

釣り方を大幅にチェンジ。

バラケエサも作り直す事にします。

20181103_094759.jpg

◆変更後のバラケエサ◆
粒戦100㏄
粒戦細粒50㏄
セットガン100㏄
水200㏄  *ドロドロにして5分放置
セット専用バラケ100㏄
セットアップ100㏄
*50回程かき混ぜたら完成

20181103_114831.jpg

前日までの試釣では練ってボソを消した

軟らかめのダンゴタッチの小エサを

シッカリ持たせるのが良かったのですが

当日は、それでは魚の寄る量が不足している感じがしたので

バラケ性の高い配合にしてシッカリとは持たせず

抜き気味の釣り方にチェンジしました。

20181103_114824.jpg

この変更は大成功で、すぐにアタリが増え始め

カウントが進み始めます。

ヒットパターンは上記基エサを半分に分け

手水で若干軟らかくした軟ボソタッチのエサを

1.5×2㎝程に鈎付けし一旦深ナジミするが

すぐに抜け落ちるようにします。

20181103_114827.jpg

早い時は、落ち込みで上鈎にヒットする事もありましたが

全体の1割程で、ほとんどはバラケエサが落ち

縦誘いをした後のナジミ際の小さいアタリでした。

クワセエサだけで、しつこく誘って待っていても

アタリは少なくヒット率も悪いので

縦誘いは5回くらいまでにしてテンポ良くエサ打ちすると

ヒット率こそ悪いものの毎回のようにアタリが貰えます。

終盤にはトップグループに追いついた感じ・・・

20181103_114829.jpg  

しかし決めきる事が出来ぬまま

2回戦終了時間を迎えてしまいました。

検量の結果は10.45㎏(20枚)。

僕のブロックの先行していた選手は21枚ですが

検量を聞いた感じでは、ほぼ同重量・・・

過去に何回も数十グラム差で負けた記憶が思い出されます。

20181103_151724.jpg

しかし今回は50g、僕の釣果が勝っており

総合でも1位を勝ち取る事が出来ました。

2位は8尺メーター固形セットで9.7㎏。

3位は7尺チョーチン固形セットで8.05㎏。

という結果となりました。

20181103_151821.jpg 

全国大会は11/16~11/18に茨城県笠間市にある

「友部湯崎湖」で開催される予定です。

シッカリ練習して優勝できるよう頑張りたいと思います。

1541506133312.jpg 
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク