Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

新製品詳細情報

201804 / 20
先日紹介した新製品3品番ですが

特徴とスペックの詳細を説明したいと思います。

20180411_134625_20180420094828b50.jpg 

まずは品番P613の「ウキ止め糸」ですが

綿系素材の太さは刺繍糸の#40くらいの糸で

1サイズ5カラー(1袋5m入り)のラインナップです。
(黒・紫・橙・赤・黄)

20180411_163540_201804200948309bb.jpg 

シッカリと止まるのは勿論の事 

巻き易く道糸が傷つき難い素材を厳選しました。

特徴は5色もある豊富なラインナップ。

理由は仕掛けを1目見ただけで何号の号数かを

すぐに見分けられるようにする為です。

20180327_132635.jpg   

一般的なへら釣りの道糸は

主に0.6号・0.7号・0.8号・1.0号・1.2号の

5サイズが使われる事が多いと思います。

季節や釣り方によって号数を使い分ける人がほとんどで

予備用の仕掛けを作っている人も多いと思いますが

長い間使わなかったりメモが取れてしまったりすると

何号の道糸か分からなくなる事も多いのではないでしょうか

20180419_163231.jpg

そこで、この5色のラインナップが役立ちます。

号数ごとにウキ止め糸のカラーを変えておけば

1目で何号の道糸だか判別がつくからです。

20180419_170522.jpg

僕はゴム製ストッパーで止める事も多いのですが

その場合は穂先に取り付ける際の

チチワ部分を止める糸や

底釣り用の目印(トンボ)として使用しています。

この方法はトラブルが減ってメチャメチャ便利ですよ。

2018y04m20d_115810368.jpg  

20180423_101154.jpg

続いては品番P615の「ストレートチューブ」。

ウレタン製チューブ全長75mmの20本入りで

内径0.3・0.4・0.5mmの3サイズのラインナップです。

20180411_163628.jpg

このチューブはストレートで使い易い上に

素材が肉薄で張りがあるので

オモリ周りの絡み防止と結び目の保護に

かなりの効果があります。

使い方も台紙の裏面に書かれているので

初めて使われる方でも安心です。

20180320_144941.jpg 

板オモリを2ヶ所止めするような時は

そのままの状態(75mm)で使用し

浅棚や小さいウキを使用する際は

半分に切って使用するのがオススメです。

20180327_093317.jpg 

最後に品番P616「ウキ止めストッパー」。

黒色のストッパー18ヶ入りで

1カラー4サイズのラインナップです。
(SS・S・M・L)

20180411_163306_2018042009482958c.jpg 

このストッパーの特徴は

シッカリ止まるのにシルエットが小さい事。

流れや風の影響を受けにくく

通常の大きなストッパーに比べて

仕掛けが絡み難くなるので

余計なトラブルを軽減してくれます。

20180420_090704.jpg 

4サイズありますので道糸の号数に合わせて

サイズを選んで使用して下さいね。

20180320_145045.jpg

以上が新製品3品番の特徴と使い方でした。

価格は全てオープン価格となっていますので

販売店様にお問い合わせ下さい。

宜しくお願いします。
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク