Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

水藻フィッシングセンター8月度月例大会【8/19(日)】2

201208 / 24

続き・・・

水藻FC2 

事務所で牛丼を食べ、情報収集すると当日の状況は、どのポイントでも良くないらしく

先月に比べ、釣れていない事が分かりました。

釣り方も浅棚、チョーチン、ダンゴ、セット共に大差がない様子・・・

トップで50枚程との事だったので、まだ射程圏内です。

午後からも同じ釣り方で再開することにしました。

11時から午後の部スタートの合図があり、エサを打ちを開始します。

1投目から釣るつもりでいましたが5分経ってもアタらず魚が薄い様子・・・

30分程粘ってみましたが2枚釣れただけでアタリが続かないので

ウキのサイズを小さくしてみることにしました。
(  のウキに変更)
*エサ落ち目盛はカラ鈎の状態で5目盛出し

陽光作6号(T10B6.5F7) 

この変更は正解だったようで、すぐに釣れ始めアタリも続くようになってきます。

ヒットパターンは午前中同様、バラケエサを直径2cm程に鈎付けし

トップがギリギリ水没するくらいに深ナジミさせ、2~3目盛の縦誘いでバラケさせます。

トップが1目盛水面上に現れるようになってからの消し込みアタリか縦誘いをして

トップが元の位置に戻る途中の力強いアタリでカウントが進みました。

この調子で3時間で40枚近くを釣り込みます。

水藻FC3

しかし、その後はカラツンや糸ズレアタリが多くなってしまいペースダウン

最後は朝一のタックルで両ダンゴを試してみますが、出だしだけで大して釣果は伸びず

終了の3時半を迎えてしまいました。

最終釣果は86枚で39.2kg。

先月よりも型・数共に悪い結果になってしまいました。

水藻FC5 

集計の結果は先月と同じ7位。

やはり平均釣果も先月に比べ、だいぶ落ちていたようでした。

1位は7尺のカッツケダンゴで57kg台。

2位は7尺チョーチンヒゲトロセットで47kg台。

3位は7尺メーター弱の両ダンゴで43kg台となりました。

水藻FC4 

鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク