Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

甲南へらの池「7月度月例大会」【7/17(月)】

201707 / 20
7/17(月)は滋賀県甲賀市にある

「甲南へらの池」に行って来ました。

DSC_0081_20170718131531511.jpg 

この日は池主催の月例大会に参加しました。

参加者は70名で指定場所は3号桟橋の両面。

3号桟橋は1番手前~最奥まで空席なしの

フル満席となりました。

DSC_0092_20170718131546866.jpg

6時半に行われた場所抽選の結果は

4号向きの中央付近№148に決定。

早速、釣り座に着きタックルの準備を始めます。

DSC_0082_20170718131533777.jpg   

1・2・4号桟橋は空いているものの

3号は満席なので短竿のカッツケでは厳しいと思い

11尺のペレ宙からスタートする事にします。

DSC_0084_201707181315354b3.jpg

◆タックル◆
竿:11尺(皆空)
棚:70cm(ウキゴム~オモリまで)
道糸:へら侍童心1.0号
ハリス:へら侍童心0.6号/20-27cm
上下鈎:極ヤラズ6号
ウキ:吉田作シルバーブルー4号(カヤB6.5cm太パイプトップ)
*エサ落ちは6目盛だし
吉田作シルバーブルー4号

◆ダンゴエサ◆
ペレ軽500cc
ダンゴの底釣り夏100cc
水200cc
*50回程かき混ぜたら完成

DSC_0085_20170718131537825.jpg 

7時半に開始の合図がありエサ打ちを始めると

5分程でポツポツと釣れ出しました。

しかし狙いの良型ではなく400g弱の小型ばかりです。

 DSC_0083_20170718131534fab.jpg

カラツンも多く良型も釣れないので

今の所は11尺では釣り難いだけで意味がない感じ・・・

竿を短くしたい衝動にかられますが

そのうちに大型がまわってくると信じ我慢して続けます。

DSC_0101_201707181315314ed.jpg

しかし時間が経っても良型はまわってこず

釣れるペースも一向に上がりません。

2~3枚、短い間隔で釣れたと思えば

しばらく穴が開いてしまったり

アタリが出る位置もトップの付け根付近の

早い物から深ナジミ後のものまでとバラバラ・・・

 DSC_0086_201707181315385e3.jpg

ウキのサイズやハリスの長さ

エサのタッチを色々と変えて試してみましたが

変えた直後だけ釣れて後は尻つぼみといった感じで

攻略の糸口を掴む事が出来ません。

 DSC_0087_2017071813154081c.jpg

結局、ウキは良く動くものの

拾い釣りのペースから脱却できず

そのままズルズルと続けてしまい40枚の釣果で

11時の昼食休憩の時間を迎えてしまいました。

DSC_0102_2017071813163815e.jpg  


続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク