Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

極関スレ

201208 / 03
今日は、今の時期に効果的な「ヒゲトロセット」の下鈎に使う鈎の紹介。 

極関スレパッケージ  

僕は、鬼掛の「極関スレ」を主に使っています。
       (キワミカンスレ)

5号をメインに使い、ウキが動きすぎなら6号や7号

動かない時は4号や3号といった感じで変えていきます。

この鈎の「ヒゲトロ」で使う時の利点は

ズバリ、トロロが抜け難いこと

形状を見てもらえば分かると思いますが他の鈎に比べ

鈎先の角度が鋭角に内向いているのが分かると思います。

極関スレ

この鋭角な部分にトロロが良く引っかかり、活性の高い時期のへら鮒に

強烈に煽られてもトロロを抜け難くしているのです。

さらに軸が長く設定されているので「ヒゲトロ」を鈎付けする際、軸部分を持ち易く

手返しの早さにも貢献してくれています。

トロロのエサ持ちにお悩みの方 。

是非、「極関スレ」使ってみて下さい。

極関スレ規格 

ちなみに上鈎は「極ヤラズ」の6号~10号をバラケエサの大きさを基準に使っています。

基本は7~8号ですが、先日釣行した「三川フィッシュパーク」は池のルールに

6号までという規定があったので6号を使用しました。

ハリスの基準は上は0.6号で10cm前後。
(最短で5cmくらい最長で15cmくらい)

下が0.5号で15cm前後。
(最短で10cmくらい最長で20cmくらい)

上下の段差は5~8cmくらいが標準的です。

この「ヒゲトロのセット釣り」は両ダンゴで釣れる5~10月が特に効果的です。

是非、釣り場で試してみて下さい。

鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク