Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

鈎結び

201204 / 05
今日は鈎の結び方の紹介。

僕の場合すべて手巻きで、外掛け結び6~7回巻きにしています。

細い号数は7回で0.5号以上の太い糸を使う場合は6回巻きって感じですね。

小さい頃から訓練した甲斐あって鈎結びの早さには自信があります。

集中してやれば1時間で120本くらいの鈎が結べますよ~。

鈎結び 
こんな感じで結んでいます。
今回は見やすいように赤い糸でむすびました。


先日紹介したハリス箱にストックしておくわけですが

長期間使用しない物も当然出てきます。

ハリスの劣化が心配になりますが

僕が使っている限り3~4年くらい前の物は全然大丈夫なようです。

チチワ結びにして長さ別にストックしてしまうとラインを締め付け

時間と共に強度が著しく低下するようですが

チチワにせずに切りっ放しでストックすれば

鈎と糸の結び目にしか負担は掛かりません。

しかも鬼掛シリーズの鈎には結び目に負担が掛かり難いよう

「ライン保護システム」がすべての種類についており

結び目部分がズレにくく摩擦による負担も発生し難くなっているので

結び目が丈夫になるのです。

ライン保護システム 
これが「ライン保護システム」の溝部分。
小さい鈎では分かり難かったので巨べら専用鈎「強靭エアロ18号」で撮影しました。


けれど、長期間保存する場合は

紫外線と水気があたらない所に保管して下さい。

フタを開けっ放しにしておいたり、一回濡れた物を入れていたりすると

せっかく結んだハリスの劣化が早まったり鈎が錆びたりしてしまいます。

くれぐれもご注意を


鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク