Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

水藻フィッシングセンター【5/14(日)】Ⅱ

201705 / 17
続き・・・

DSC_0062_20170515101000596.jpg 

8時半までの釣果は19枚。

15枚釣った辺りからアタリが少なくなり

ペースが落ち始めたので

検量ついでにトイレ休憩を済ませ

タックルのマイナーチェンジを行う事にしました。

DSC_0075_20170515101038bc9.jpg

◆変更後のタックル◆
竿:7尺(兆)
棚:30cm(ウキゴム~オモリまで)
道糸:へら侍童心0.7号
上ハリス:へら侍童心0.5号/8cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/24cm
上鈎:鋒(きっさき)5号
下鈎:喰わせヒネリ3号
ウキ:仁成作カッツケセット用カヤB3.5cmパイプトップ
*エサ落ちは4目盛だし


◆バラケエサ◆
粒戦50cc
粒戦細粒50cc
セットガン100cc
水200cc  *ドロドロにして5分放置
セット専用バラケ200cc
バラケマッハ100cc
*50回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆(1袋にサナギ粉30cc入り)10cc
水8cc
*フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる

 DSC_0074_201705151010184ff.jpg

ウキを2ランク程、小さい物に変更し

バラケエサも粒戦の量を半分にして

粉の量を増やし少し軽めのボソタッチの物にしました。

DSC_0063_20170515101002165.jpg

この変更は大成功で再びペースが上がり始めます。

ヒットパターンは上記基エサを弄らず

1.5×2cm程に鈎付けしトップ先端付近まで

ドップリと馴染ませます。

落ち込みや馴染んだ直後に消し込み

上鈎にヒットする事もありましたが1割程と少なく

ほとんどはバラケが落ちる寸前~直後の

力強いアタリにヒットが集中しました。

DSC_0064_201705151010036b4.jpg 

空ツンが多い時は最短17cmまで

ハリスを詰めアタリが少なくなったら

元に戻すといった対応をとると

大きな穴が空く事なくコンスタントに釣れて来ます。

11時までに33枚を追加し

52枚の釣果で昼食休憩の時間を迎えました。

DSC_0055_20170515100951526.jpg 

続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク