Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

M-1カップ「三川フィッシュパーク予選」【4/15(土)】Ⅱ

201704 / 19
続き・・・

DSC_0064_201704171127051ec.jpg 

昼食休憩中に情報収集すると

ブロックのトップ釣果は僕で約10kg(21枚)。

2位グループが8尺チョーチンセットで約9kg

という事が分かりました。

DSC_0059_201704171124116c4.jpg 

その他は桟橋突端の底釣りの選手も追い上げている様子・・・

午後からは雷雨になる可能性があるとの予報が出ていたので

パラソルの準備を整え前半戦と同じタックルで再開します。

DSC_0052_20170417112403087.jpg 

後半戦スタート直後は昼食休憩中に移動等で

ガタガタしたせいか20分程はウキが動きません。

チョーチンセットや段底の選手が2枚3枚と釣り出した後に

ようやく僕もアタリ出しポツポツと釣れ始めました。

ヒットパターンは前半戦と同じような感じですが

最初のナジミ際に出る早いアタリが多くなり

カラツンは少なくなって良型が多くなった感じ。

しかしアタリの量は半分以下となってしまいました。

DSC_0063_20170417112703251.jpg  

それでもヒット率が良く良型ばかりだったので

少ないアタリの中、我慢してやっていましたが

12時くらいから雨が降り出し風が強くなってくると

流れが発生して全くアタリが無くなってしまいます。

そのうちに雨も本降りとなってきてドシャ降り状態に・・・

向い風の為、パラソルをしていてもズボンは濡れ

体は冷え始めエサ打ちも、ままならない状態に

心が折れかけました。

DSC_0058_2017041711240935f.jpg 

1時間半程で天候は落ち着きましたが

この時間帯の釣果は僅か1枚。

13時半頃からは雨も上がり風も落ち着いたので

ラストスパートのチャンスに賭ける事にします。

気合を入れ直すべく古いエサを捨て

新しいエサを作り直して再開しました。

DSC_0062_20170417112703c1d.jpg 

これが良かったのか最後の1時間はアタリが復活。

5枚程、追加した所で14時半の大会終了時間を迎えました。

検量の結果は16.3kg(34枚)で⑦ブロック1位。

総合も1位という最高の成績で

セミファイナルの進出を決める事が出来たのでした。

DSC_0066_201704171127067cc.jpg 

総合のトップ4は僕のいるF桟橋の⑦ブロックから出て

2位は8尺チョーチンセットで16.05kg。

3位も8尺チョーチンセットで13.2kg。

4位は13尺バランスの底釣りで12.65kg。

という結果となりました。

DSC_0076_2017041711272096e.jpghttp://www2.marukyu.com/taikaike.nsf/
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク