Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

M-1カップ「三川フィッシュパーク予選」【4/15(土)】

201704 / 18
4/15(土)は「M-1カップ中京・関西予選」に

参加する為に岐阜県海津市にある

「三川フィッシュパーク」に行って来ました。

 DSC_0041_2017041711234921c.jpg

この日の参加者は117名。

大会形式は117名を7ブロックに分け(1ブロック16~17名)

全体の上位4名を除く(4名は予選通過確定)

各ブロックの上位2名ずつの計18名が

セミファイナルの出場権を獲得できるルールで

6:30~14:30までの総重量勝負です。(途中30分の休憩あり)

5時半頃より行われた座席抽選の結果は
⑦-2

F桟橋事務所向きの手前から2人目が当たりました。

DSC_0039_20170417112347635.jpg 

早速、釣り座に行きタックルの準備を開始します。

◆タックル◆
竿:10尺(皆空)
棚:1m
道糸:へら侍童心0.6号
上ハリス:へら侍童心0.5号/8cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/50cm
上鈎:鋒(きっさき)6号
下鈎:喰わせヒネリ2号
ウキ:仁成作アディールシャロー4号
*エサ落ちは4目盛出し
アディール4号

◆バラケエサ◆
粒戦50cc
トロスイミー25cc
セットガン100cc
水180cc  *ドロドロにして10分放置
セット専用バラケ100cc
GTS100cc
軽麩100cc
*30回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆(1袋にサナギ粉30cc入り)10cc
水10cc
*フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる。

DSC_0051_201704171124027b7.jpg 

渡り桟橋から2人目の座席だったので

8尺のチョーチンセットからスタートするか迷いましたが

両隣が8尺チョーチンセットを選択していたので

同じ釣り方が並ぶと魚の取り合いになってしまうと思い

10尺の浅棚セットを選択しました。

DSC_0042_20170417112350f08.jpg  

6時半にスタートの合図があり

エサ打ちを開始しますが30分近くは全くサワリなし・・・

周りを見るとチョーチンセットや底釣りの選手は

ポツポツと釣り始めています。

7時頃から弱いサワリが出てきましたが

アタリは、ほとんど無いので棚を10cm深くして

ハリスを5cm伸ばし55cmにすると

すぐに良いアタリが出て嬉しい1枚目が釣れてきました。

そこからはアタリが多くなりポツポツと釣れるようになります。

DSC_0049_20170417112359d38.jpg

ヒットパターンは上記基エサを弄らずに

1.2×2cm程に鈎付けしトップの先端付近まで深ナジミさせます。

そこから2~3秒でバラケエサが落ちますが

その時点では下ハリスが張っていないので

一旦エサ落ち目盛よりも下の目盛まで上がってから

下ハリスが張り始めるとジワジワとナジミ始めます。

DSC_0054_201704171124057d6.jpg

早い時はそのナジミ際の小さいアタリにヒットしましたが

それは2~3割でメインはハリスが張り切ってからも

サワリが続き、その動きが落ち着いた直後に

力強くアタリ、それにヒットが集中しました。

DSC_0046_20170417112356e43.jpg

しかしアタル割にはヒット率が悪く

それを嫌ってバラケエサを軟らかくしたり

ハリスを詰めたり下鈎を大きくしてしまうと

変え際に釣れる時はあるのですが長続きはせず

そのまま続けていると次第にアタリが少なくなってしまい

ペースダウンしてしまいます。

ある程度のカラツンは我慢し

アタリ数を多くしておいた方が穴が空く時間が短く

ペースが良いように感じました。

 DSC_0048_20170417112357291.jpg

9時頃にはトップグループに追いた感じ・・・

その後も大きな穴を空ける事なく20枚を釣り

ブロック最初に1回目の検量を済ませます。

DSC_0060_201704171124127a1.jpg

ここで検量ついでにトイレ休憩・・・

しかし釣り座を離れてしまったのが悪かったのか

全くアタリが無くなってしまいました。

10時半までに1枚しか追加出来ず

昼食休憩の時間となってします。

DSC_0043_20170417112351e62.jpg 


続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク