Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

水藻フィッシングセンター「10月度月例大会」【10/16(日)】Ⅱ

201610 / 19
続き・・・

DSC_0161_20161017095049a43.jpg 

昼食休憩中に情報収集するとトップ釣果は僕で

2位は7尺カッツケセットで34~35枚の釣果という事が分かりました。

3位以下は30枚弱で7尺チョーチンセットの様子・・・

後半も7尺チョーチン感嘆セットでスタートします。

DSC_0167_20161017095126185.jpg 

再開後は3投目からイキナリ3連荘。

しかし水面に魚が見え出し魚が寄り切ると

ヒット率が悪くなりカラツンばかりになってしまいました。

午前中に比べ水面に見える魚の量は増え

カッツケセットの方が釣れそうな感じ。

DSC_0157_201610170950437e0.jpg 

しばらくはチョーチンセットを続けていましたが

周りのカッツケのペースが上がるのが気になり

我慢できず朝一やった7尺カッツケセットに変更する事にしました。

DSC_0147_201610170949587eb.jpg 

変更後は5分程で釣れ始め

3枚程は簡単に釣れて作戦成功かに思えましたが

水面に魚が見え始め魚が寄り切ると

チョーチンセットと同じく次第にペースダウンしてしまいます。

DSC_0174_201610170951483bc.jpg

魚のサイズはチョーチンに比べ悪く平均400g前後で

ウキの動きもチョーチンより悪い感じ・・・

1時間半程続けましたが好転する兆しがないので

深追いはせず7尺チョーチンセットに戻す事にしました。

DSC_0159_20161017095046f34.jpg

チョーチンセット再開後は3投程で、すぐに釣れ始め

寄り始めの魚は素直な為か簡単に3枚程は釣れてしまいます。

しかし14時頃になると極端にウキの動きが悪くなってしまいました。

周囲を見ても竿を絞る回数が減っていたので

食い渋りタイムに入った感じ・・・

DSC_0165_20161017095109113.jpg

今までのタックルではサワリも少なくなっていたので

下ハリスを45cmに伸ばし

下鈎を1サイズダウンして「喰わせヒネリ3号」にします。

DSC_0170_20161017095131a5f.jpg

すると、これが大正解。

大幅なペースアップに成功しました。

ヒットパターンはバラケエサを1.5×2.5cm程に鈎付けし

一旦トップが水没するくらいに深ナジミさせます。

DSC_0169_201610170951298f3.jpg

5回程の軽い縦誘いでバラケエサを落とし

クワセエサだけになったら4~5目盛上げる縦誘いを

繰り返し行い待っているとナジミ際に小さくアタリ、ヒットする

まるで真冬のようなスローリズムの釣りでした。

DSC_0173_20161017095146d62.jpg 

周囲が沈黙する中、1時間半程で20枚近くを追加し

後半の釣果を41枚とした所で15時半の大会終了時間を迎えます。

集計の結果は37.0kg(78枚)で僕が優勝。

結果 

2位は7尺カッツケ感嘆セットで28.4kg。

3位は8尺チョーチントロロセットで27.6kg。

4位は7尺チョーチン感嘆セットで26.4kg。

という結果となりました。

DSC_0177_20161017095202107.jpg 
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク