Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

三川フィッシュパーク月例大会【7/22(日)】

201207 / 26

7/22(日)は岐阜県の「三川フィッシュパーク」へ行って来ました。


三川2 

◆三川フィッシュパーク◆
〒503-0624
岐阜県海津郡海津町字金廻384番地
℡0584-54-0227


来月行われるM-1カップの2次予選の下見に訪れた訳ですが

この日は毎月、第4日曜日に行われる池主催の月例大会も開催されていたので

友人達と一緒に参加しての試釣となりました。

朝5時半頃、現地に到着すると事務所前はかなりの混雑・・・

月例大会の他に、別の大会も開催されており、混雑とプレッシャーから食い渋りが予想されました。

6時になると月例大会の受付が始まります。

参加費¥1500(入場料込み/安)を払い入場順が書かれた検量カードの抽選をします。

その番号に書かれた順に好きな場所に座ることが出来るのです。
(その日の指定は事務所から見て左側のA・B・C桟橋なので、その中では自由)

友人達、共に比較的早い番号をゲット出来たので

A桟橋の事務所向き中央付近に3人並んで座ることが出来ました。

三川5 

早速タックルの準備をします。

地元の友人の話では浅い棚~深い棚まで両ダンゴで釣れているというので

8尺のチョーチン両ダンゴの準備をする事にしました。

◆タックル◆
竿:8尺(天峰・剣)
棚:チョーチン(穂先~ウキゴムまではウキ1本分+2cm空ける)
道糸:へら侍 童心1.0号
ハリス:へら侍 童心0.5号 40-50cm
上下鈎:鬼掛「軽量ダンゴヒネリ6号」
ウキ:陽光作グラスムクトップ7号
陽光作7号 

◆エサ◆
Sデザイン・グリーン800cc
水200cc
*30回程かき混ぜたら完成


この月例大会は準備出来次第、各自で開始してOKらしいので

素早く準備を済ませエサ打ちを開始します。

僕の方は5投目くらいからウキに何か弱い反応があったので

期待してエサ打ちを続けます。

すると周りの常連の方の竿が曲がり始めました。

しかし、様子がチョッと変・・・

上がってきたのは25cm程のワタカ(外道)でした・・・

僕の方は弱いサワリはたまにあるもののアタリにはならず30分が過ぎました。

友人達もアタリがないとぼやいています。 

その後もアタリがないまま1時間近くが経ち、突然アタッて1枚は釣れましたが

その後は釣れず好転する兆しがないような感じでした。

周りでは唯一何枚か釣っているのが棚1m弱くらいの浅い棚の人と
 
隣でカッツケ両ダンゴをしている友人だけだったので、ここで浅い棚に変更することにしました。

しかし、メーター両ダンゴ、カッツケ感嘆セットをするもチョーチン同様
 
弱いサワリしか出せず、たまにアタッてもワタカ・・・

最後に8尺ヒゲチョーチンで1枚釣っただけで昼食時間になってしまいました。

午前中で2枚・・・

最悪な状況です



続く・・・

鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク