Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

M-1カップ中京・関西地区準決勝の予想

201609 / 09
今週末の9/10(土)は

愛知県豊田市にある「ひだ池」にて

M-1カップ中京・関西地区準決勝が開催されます。


M1カップ


この大会の為に2週間前から同池を訪れ

カッツケ~底釣り、チョーチン両ダンゴや

チョーチンセットと色々な釣り方を試し

大会に向けて練習してきました。

DSC_0174_2016090517323555d.jpg

その中でも今大会の1番の本命と思ったのが

短竿のチョーチン固形セット。

大会特有の激渋り時に効果的なのはもちろんの事

両ダンゴで釣れる爆釣地合でも

勝負できる安定性の高さから本命としました。

DSC_0168_20160905173208cde.jpg

対抗は短竿のカッツケ固形セット。

爆発力はチョーチンセットの上を行きますが

大会時の激渋りに弱く両隣の釣り方にも

地合を左右され易いので安定の無さから対抗としました。

DSC_0163_20160905173145b06.jpg

穴は両ダンゴの底釣りと深宙チョーチン両ダンゴ。

魚の食い気や場所に大きく左右されてしまう場合が多いですが

決まれば他の釣り方に比べ大型が揃う事が多く

特に、この時期(秋)効く傾向があります。

しかし最近は底付近に今年の春に生まれた小鮒が大量にいて

邪魔をして釣果を伸ばし難いので穴としました。

DSC_0141_2016090517301079e.jpg

釣果的には予選4時間のトップ釣果は15kg前後で

通過ラインは10kg前後の厳しい戦いになると予想します。

午後からは少し活性が高まる傾向なので

2回戦の3時間はトップ釣果で17~18kg。

通過ラインは12~13kgと予想しました。

DSC_0163_2016082910502772a.jpg 

セミファイナルは3つの地区予選を勝ち上がった

20名ずつの計60名で予選・決勝&敗者復活戦を行い

6名しか全国大会に進出できない厳しい戦い・・・

毎年、あと1歩の所で全国大会を逃しているので

今年こそは決勝の舞台に行ける様がんばりたいと思います。



M1カップ
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク