Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

トム・ソーヤ【7/10(日)】

201607 / 13
7/10(日)は滋賀県東近江市にある

「釣掘トム・ソーヤ」に行って来ました。

DSC_0125_20160711132544b88.jpg 
【トム・ソーヤホームページ】http://www.heratom.com/


この日は友人や知人が多く所属する

チームKCPさんの例会にゲスト参加させて頂きました。

参加者は25名で指定場所は桟橋の工場向き。

場所抽選の結果は奥寄りの看板前に決まりました。

DSC_0126_201607111325461b3.jpg 

◆タックル◆
竿:9尺(皆空)
棚:竿一杯の底釣り(上鈎3cmズラシ)
道糸:へら侍童心1.0号
上下ハリス:へら侍童心0.5号40-47cm
上下鈎:ストロングストレート4号
ウキ:吉田作底釣りPC12号(カヤB12cmPCムクトップ)
*エサ落ちは7目盛だし
DSC_0125_20160706102549a7d.jpg 

◆両ダンゴ◆
ペレ道(1袋につなぎグルテン1袋入り)100cc
ダンゴの底釣り夏100cc
粘力(付属スプーンスリきり1杯)
水100㏄

DSC_0127_201607111325483c6.jpg 

エサ打ちを開始すると

10分程でアタリ出しポツポツと釣れ出しました。

ヒットパターンは上記基エサを半分に分け

手水で20回程押し練りした軟ネバタッチのエサを

1×1.5cm程に鈎つけし4目盛程、深ナジミさせます。

DSC_0128_20160711132548eed.jpg

そこからサワリながらジワジワと上がっていき

2~3目盛上がってからの力強いアタリにヒットしてきました。

しかし小べらが多い為か空ツンが多く

早いアタリに至っては、かなり良いアタリでも乗ってきません。

DSC_0129_20160711132550cca.jpg

しかし、たまに早いアタリで乗ってくるのは

黄色味がかった良型だったので

何とか乗せるべく色々と試してみましたが

結局、正解は見つからず

待ち釣りでポツポツ拾い釣りの展開が続きました。

DSC_0130_20160711132603173.jpg

魚のサイズも先週と比べると悪く枚数も伸びないので

釣り方を変更しようか迷いましたが

周りでは特に好調と言える釣り方がありません。

 DSC_0132_20160711132606477.jpg

アタリの多さは両ダンゴの底釣りが1番だったので

結局、釣り方の変更は行わず

28枚の釣果で昼食休憩の時間を迎えます。

DSC_0138_201607111326297be.jpg 


続く・・・

鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク