Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

甲南へらの池「6月度月例大会」【6/5(日)】Ⅱ

201606 / 09
続き・・・

DSC_0140_201606061114528fb.jpg 

昼食休憩中に情報収集するとトップ釣果は僕で

2位は短竿チョーチンウドンセットで18kgとの事。

状況的には短竿のカッツケセットとチョーチンセット。

バランスの底釣り(両ダンゴ&ウドン)が

比較的、好調のようでした。

後半も7尺カッツケセットで再開する事にします。

DSC_0146_20160606111517b5f.jpg 

午前中の終盤、

カラツン地獄の時に作り変えた

バラケエサの感触が良かったので

バラケエサだけ若干変更してスタートしました。

◆変更後のバラケエサ◆
粒戦50cc
トロスイミー50cc
セットガン100cc
水200cc  *ドロドロにして5分放置
セット専用バラケ100cc
パウダーベイトスーパーセット200cc
軽麩100cc
*50回程かき混ぜたら完成
(上記のエサを半分に分け手水で練った軟ネバタッチのエサを使用)

DSC_0148_2016060611152037d.jpg

粒戦細粒の所を

粘る性質のトロスイミーにした事により

練り込む回数が少なくても

軟らかいエサが持つ様にしました。

DSC_0151_20160606111542064.jpg

再開直後は魚の量が少ないだろうと

25cmの下ハリスで入りましたが

釣る前に糸ズレアタリばかりになったので

元の18cmに戻すと、すぐに釣れ始めます。

DSC_0157_20160606111605e6d.jpg   

ヒットパターンは午前中と全く同じですが

大型が混じるようになってきました。

DSC_0152_20160606111543f0c.jpg

その分、小さい魚が減ったのかアタリの量は少なくなり

釣れるペースも時間10枚チョッとのペースに

落ち着いてしまいます。

しかし20枚でフラシ込みで10kgくらいと

短竿のカッツケセットにしては

大満足のサイズになりました。

 
DSC_0150_20160606111540cb5.jpg

魚がたくさん寄っている時には

2連荘や3連荘もあり

もう少しペースが上がりそうだったのですが

急に魚が居なくなったりと状況が安定せず

前回同様、決まりそうで決めきる事が出来ません。

DSC_0144_20160606111458472.jpg

アタリが減った時は無理をせずに

練っていない基エサを使ったりハリス変更で拾い

アタリが多くなった時に元のタックルに戻し釣り込みました。

 DSC_0156_20160606111604c4b.jpg

後半の釣果を43枚とした所で

15:40の大会終了時間を迎えます。

検量の結果は18.7kg(43枚)。

集計の結果は40.3kg(100枚)で

僕が優勝となりました。

DSC_0163_2016060611160845d.jpg 

2位は8尺チョーチンウドンセットで30.7kg。

3位は8尺チョーチントロロセットで29.4kg。

となりました。

DSC_0164_20160606111610f38.jpg

DSC_0166_20160606111630a9a.jpg 

DSC_0165_20160606111632f66.jpg 
大会終了後、事務所に用意して下さった甘酒。 4杯もおかわりしました(笑)
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク