Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

水藻フィッシングセンター7月度月例大会【7/15(日)】4

201207 / 20

続き・・・
  
 

水藻 

7尺のチョーチンヒゲセットにして2投目・・・

トップが水没する程、深くなじませ縦誘いをしていると4~5回目の誘いの時に

「ズバッ」と消し込み早くも1枚目が釣れてきました。

理想的なアタリでしたが型が悪く8寸級・・・

その後もポツポツとは釣れてきますが全て8寸級とサイズが上がりません。

ただし、ガサべらではなく魚体はキレイで物凄く引くので

今年の初めに放流した新しいへらのようでした。
 
ペースも一向に上がらないのでバラケのタッチや大きさを少しずつ変え正解を探ってみます。

しかし、ポツポツのペースは一向に変わらず、全く釣れない訳でもないので

ズルズルと、この釣り方を1時間半も続けてしまいました。

残り時間は40分程・・・

ここでバラケが無くなったので両ダンゴの釣りに戻すことにします。

タックルは午後の開始時と同じでエサは下記に作り変えました。

◆エサ◆
ガッテン300cc
パウダーベイト300cc
ダンゴの底夏100cc
水200cc  *30回程かき混ぜたら完成


上記、基エサを手水で若干軟らかくしたエサを直径1.7cm程に鈎付けして投入します。

すると、1投目から3連荘・・・

さらに1投あけて4連荘と突如入れパクモードに突入しました。

相変わらずトップの付け根付近のアタリが半分程と多いのですが

深くなじんだ位置の力強いアタリでも半分くらい釣れてきます。

これが大会終了時間まで続き30分チョッとで17枚の追釣に成功しました。

検量の結果は50.4kg(103枚)で7位。

水藻3 

先月の大会よりも釣ることが出来ましたが、全体的に今回の方が釣れていたので

順位は下がってしまいました

1位は7尺カッツケダンゴの方で65.8kg。

2位は7尺チョーチンダンゴの方で62.7kg。

3位は7尺チョーチンダンゴの方で54.3kg。

4位は7尺チョーチンヒゲトロセットの方で52.7kg。

5位は8尺カッツケダンゴの方で52.4kg。

と、浅棚、チョーチン共に良く釣れていました。


水藻2
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク