Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

ひだ池【5/8(日)】Ⅱ

201605 / 12
続き・・・

DSC_0143_20160509144355d48.jpg 

昼食休憩中に情報収集すると

僕がブッチギリでトップ釣果との事・・・

全体的に食いが渋く両ダンゴやヒゲセットは不調で

短竿のカッツケやチョーチンの固形セットが

比較的、釣れているようでした。

DSC_0140_20160509144334514.jpg 

午前中の釣りでは時間の経過と共に

魚が上ずり傾向だったので

後半は竿を7尺に短くして再開します。

◆タックル◆
竿:7尺(皆空)
棚:チョーチン
道糸:へら侍童心0.7号
上ハリス:へら侍童心0.6号/8cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/50cm
上鈎:極ヤラズ9号
下鈎:喰わせヒネリ2号
ウキ:山六作抜きチョーチン用 細タイプ5号
(カヤB5cm極細グラスムクトップ)
*エサ落ちは3目盛だし
山六抜きセット5号

◆バラケエサ◆
粒戦100cc
粒戦細粒50cc
セットガン100cc
水200cc  *ドロドロにして5分放置
セット専用バラケ200cc
パウダーベイトスーパーセット50cc
*50回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆(1袋にサナギ粉40cc入り)10cc
水10cc
*フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる(練らない)

DSC_0139_201605091443330eb.jpg 

後半も開始直後からアタリがあり

すぐに釣れ始めました。

ヒットパターンは午前中とほとんど同じですが

魚の活性が高まったのか

落ち込みで持って行ってしまうものや

上鈎にヒットする事も多くなってきます。

DSC_0142_20160509144354c3f.jpg

それでもバラケエサを必要以上に持たせてしまうと

アタリが少なくなってしまうので

バラケエサは極力いじらないように注意しました。

DSC_0147_2016050914441765d.jpg

ハリスの長さは50cmを基準に

余計な動きが多い時は5cm単位で短くし

アタリが少ない時は長くして対応します。

途中、あまりの暑さに何度か休憩を入れましたが

再開後もすぐに釣れて絶好調。

30枚を追加して16時の例会終了時間を迎えました。

DSC_0149_20160509144420df8.jpg

集計の結果は42.4kg(75枚)で僕が優勝。

2位は7尺チョーチンウドンセットで32.8kg。

3位は8尺カッツケ感嘆セットで30.2kg。

という結果になりました。

DSC_0150_20160509144421341.jpg 
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク