Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

シマノジャパンカップ関西予選「甲南へらの池」【4/23(土)】Ⅲ

201604 / 28
続き・・・
DSC_0151_20160425092344771.jpg 

2回戦の場所は水深のある2号桟橋内向きの手前。

この大会の為に練習をしてきた

7尺チョーチンセットで開始します。

◆2回戦のタックル◆
竿:7尺(皆空)
棚:チョーチン
道糸:へら侍童心0.7号
上ハリス:へら侍童心0.6号/8cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/50cm
上鈎:「極ヤラズ号」
下鈎:「喰わせヒネリ2号」
ウキ:山六作抜きチョーチン用(カヤB5cm極細グラスムクトップ)
*エサ落ち目盛は2目盛だし
山六抜きセット5号

◆バラケエサ◆
粒戦100cc
粒戦細粒50cc
セットガン100cc
水200cc  *ドロドロにして5分放置
セット専用バラケ200cc
パウダーベイトスーパーセット100cc
*50回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆(1袋にサナギ粉30cc入り)10cc
水10cc
*フタ付きの計量カップに入れてシェイクして仕上げる(練らない)

DSC_0149_20160425092323f3f.jpg  

開始の合図と同時にエサ打ちを始めると

2投目からヒット。
 

幸先の良いスタートを決める事が出来ました。

しかし、その後はアタリが遠く

ポツポツと拾い釣りの展開に・・・

DSC_0156_20160425092411c12.jpg 

1時間経過後の釣果は6枚。

周囲では釣れている方ですが

奥の方は全く見えないので

釣れているのかは分かりません。

例年の釣果だと12~13枚は釣らないと

2回戦通過は厳しいので油断は禁物です。

DSC_0152_20160425092345d86.jpg 

しかし、このままのペースで釣っていれば

行けそうな気配・・・

その後も欲張らずに拾い釣りに徹します。

DSC_0150_20160425092325e28.jpg 

しかし思いも虚しくペースダウン・・・

アタリが激減してしまいました。

そこでハリスを55cmに伸ばしてみたものの

変えた直後に釣れただけで大した効果はなし・・・

バラケエサも残り少なくなってきたので

心機一転、新しいバラケエサを作る事にしました。

 DSC_0155_2016042509235038c.jpg

◆変更後のバラケエサ◆
粒戦100cc
粒戦細粒50cc
セットガン100cc
水200cc  *ドロドロにして5分放置
セット専用バラケ200cc
パウダーベイトスーパーセット50cc
*50回程かき混ぜたら完成
 

今までのバラケエサと比べ

パウダーベイトスーパーセットの量を半分にした事により

バラケ性が高く少し軟らかいタッチになりました。

 DSC_0156_20160425092411c12.jpg

釣り方も若干マイナーチェンジして

今まではトップが一旦、水没するくらい深ナジミさせて

縦誘いでバラケを抜いて

その後はクワセエサだけで誘って釣っていましたが

それでは真冬のようにアタリが少ないので

真冬に行う0ナジミの釣りにシフトチェンジして再開します。

DSC_0157_201604250924127c9.jpg

すると、この変更は大成功。

アタリが復活して来ました。

さらにアタリが遅い感じがしたので

下ハリスを60cmに伸ばすと

終了30分前から入れパク状態に突入します。

DSC_0162_201604250924353f2.jpg

ヒットパターンは上記基エサを半分に分け

手水で若干、軟らかくした軟ボソタッチのエサを

1.7×2.5cm程の大きさにラフ付けし

ウキが立ったと同時くらいに

鈎から完全に落ちるように鈎付けします。

 DSC_0147_201604250923208d3.jpg

当然、バラケエサのナジミ幅は現れず

その後、下ハリスが張り始めると

ジワジワとナジミ始めます。

ナジミきったら30cm弱を鋭く上げる

強め縦誘いを頻繁にかけると

トップが馴染む途中の

小さい変化系のアタリにヒットして来ました。

DSC_0161_20160425092417f85.jpg

最後は終了の合図と同時にヒット。

後半1時間の釣果を14枚とした所で

2回戦終了の時間を迎えました。

DSC_0168_2016042509244111f.jpg

検量の結果は8.37kg(20枚)でブロック1位。

総合でも1位の釣果で

全国大会の出場権を手に入れる事が出来ました。

DSC_0163_20160425092436776.jpg 
DSC_0164_201604250924385b3.jpg 
http://fishing.shimano.co.jp/event/2016/japan_cup/hera/result/kansai.html


全国大会は10月中旬に

千葉県の「野田幸手園」にて開催されます。

今年こそは優勝出来るように頑張りたいと思います。


優勝
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク