Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

水藻フィッシングセンター7月度月例大会【7/15(日)】3

201207 / 19
続き・・・
水藻 

昼食は事務所で牛丼を食べます。

¥650 なのですが、月例大会の参加費¥3000 を払うと

もれなく「水藻フィッシングセンター」で使える金券¥500 分が付いてくるので

実質¥150 で食べる事ができました。

参加費の¥3000 も先月の月例大会で獲得した金券を使ったので

ほとんどお金、払ってませんが・・・(笑)

昼食中に知人や友人に状況を聞くと

全体的に釣れているが中でも7尺のダンゴのカッツケとチョーチンが好調との事。

僕も見習い、7尺のチョーチンダンゴに変更することにします。

◆タックル◆
竿:7尺
棚:チョーチン(ウキ~穂先までウキ1本分+2cm空ける)
道糸:へら侍・童心1.0号
ハリス:へら侍・童心0.5号/25-35cm
鈎:鬼掛「軽量ダンゴヒネリ6号」
ウキ:吉田作グラスストローク6号
*エサ落ち目盛は7目盛出し
吉田作グラスストローク6号(T17B7.5F9) 

◆エサ◆
Sデザイン/グリーン800cc
水200cc
*30回程かき混ぜたら完成


食事休憩は30分。

一斉に食事に入ってしまうと事務所が混雑してしまうので参加者を半分に分け

順番に事務所で食事が摂れるシステムです。

僕の居る場所は後半に食事休憩の場所だったので前半の人は、すでに釣り始めていますが

後半もへらの食い気は落ちていないようで頻繁に竿が絞られています。

食事と7尺のタックル準備を終えると丁度、午後の部再開の合図がありました。


再開すると1投目から反応があり3投目にはヒットしてきました。

その後も入れパクとはいかないまでもペースが乱れることなく釣れてきます。

アタリも8尺の時よりも、深く馴染んだ位置のものが増えてきました。

1時間半程で23枚とマズマズのペースにはなりましたが

その後少しウキの動きがおとなしくなってきました。

ここで悪魔の囁きがあります。

「ヒゲトロセットのチョーチンやりなょ~」と。

来月中旬に行われるM-1カップ2次予選の会場である「三川フィッシュパーク」は

短竿のヒゲチョーチンが有効なことで有名な釣り場です。

最近はヒゲチョーチンを集中して練習する機会があまりなかったのと

昼食時に結構釣れているという情報があったので練習の為にも釣り方を変更することにしました。

ウキ等のタックルは先述した7尺チョーチンダンゴと同じ。

鈎とハリスだけヒゲセット用(下記参照)に交換しました。

上ハリス:へら侍・童心0.6号/10cm
下ハリス:へら侍・童心0.5号/17cm
上鈎:鬼掛「極ヤラズ8号」
下鈎:鬼掛「極関スレ6号」

バラケエサはSグリーン800ccに水200ccでかき混ぜただけの

両ダンゴ用に作ってあった基エサを使用しクワセエサはマルキューさんの「ヒゲトロ」を使用します。

トップグループに追いつくべく、このタックルで再開しました。




続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク