Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

M-1カップ中京・関西予選「三川フィッシュパーク」【3/5(土)】Ⅱ

201603 / 08
続き・・・

DSC_0127_20160307104637885.jpg 

ウキが動きだしたのは5分くらい経ってから・・・

弱々しい動きに、この池の外道である

15cm程のワタカがヒットしてきます。

20分程ワタカの悪戯が続き

5匹程、釣れてきました。

底釣りの人は意外と釣れていませんが

宙釣りを選択している選手はワタカばかり。

今度もワタカか・・・ と

諦め半分で今までと同じような小さいアタリに合わせると

1枚目のへら鮒が釣れてきました。

DSC_0132_2016030710465744c.jpg 

しかも次投でも連荘ヒット。

最高のスタートダッシュに成功します。

しかし、たまたまだったらしく

次からはワタカのオンパレードになりました。

スタートから1時間程経つとワタカは釣れなくなり

ウキの動きも減ってしまいます。

DSC_0128_20160307104638b62.jpg

そこで下ハリスを80cmに伸ばすと

たまにアタリが出るようになり

本命がポツポツ釣れ始めました。

DSC_0136_201603071047178e9.jpg 

ヒットパターンは基エサを半分に分け

手水で若干軟らかくした軟ボソタッチの

バラケエサを1.7×2.5cm程にラフ付けし

上層からバラケさせウキが立つくらいの所で

完全に落ちるくらいの感じで鈎付けします。

下ハリスが張り切ったら縦誘いを繰り返し

そのナジミ際に出る小さいアタリにヒットが集中しました。

DSC_0134_20160307104700995.jpg

ポツポツと拾い釣りではありますが

周囲は苦戦している選手がほとんどなので

これでも見える範囲ではブッチギリのペース。

昼食休憩の時間までに12枚を釣る事が出来ました。

DSC_0153_20160307104826d86.jpg 


続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク