Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

水藻フィッシングセンター7月度月例大会【7/15(日)】

201207 / 17
7/15(日)は「水藻フィッシングセンター」の月例大会に参加してきました。
 
水藻
◆水藻フィッシングセンター◆
〒597-0051
大阪府貝塚市王子1185
℡0724-32-7605


当日は毎月1回、第3日曜日に誰でもフリー参加できる池主催の月例大会が開催されていて

その大会に参加する為に訪れたのでした。

当日の朝、四時に起床し外を見ると雲が多く、今にも雨が降り出しそうです  

しかし、天気予報は1日晴れとの事。

予報を信じ車に釣具を積み込んで出発したのでした。

車で出発してしばらくすると、所々で弱い雨が降っていましたが

水藻フィッシングセンター周辺では降っていなかった様子。

6時前に到着すると6時半の場所抽選開始時間まで時間が

あるせいか、まだ人影はまばらでした。

暇なので道具整理したり、友人や知人と情報交換している内に6時半となります。

場所抽選の結果は2号桟橋3号向きの手前寄りの№272があたりました。

抽選場所に行く途中、一瞬雨が降りましたが

その後は雨は降らず、ムシムシしているので暑い1日になりそうです。

水藻 

早速、釣り座に着き、パラソルを立て準備を始めます。(タックルは下記参照)

◆タックル◆
竿:8尺
棚:チョーチン(竿一杯)
道糸:へら侍童心1.0号
ハリス:へら侍童心0.5号35-45cm
鈎:鬼掛「軽量ダンゴヒネリ6号」
ウキ:陽光作7号(羽根ボディー7.3cm/カーボン脚6.5cm/グラストップ20.5cm)
 *エサ落ち目盛は7目盛出し

陽光作7号


◆エサ◆
Sデザイン/グリーン800cc
水200cc

*30回程かき混ぜたら完成。

Sグリーン


釣り方は、この前のM-1カップで良かった7尺のチョーチン両ダンゴ・・・
 
と、いきたい所でしたが、来月「三川フィッシュパーク」で行われる

M-1カップ2次予選は8尺~の規定なので、少しでも慣れるべく

練習の意味で8尺でスタートしました。

「三川フィッシュパーク」をイメージして、いつもより少し長めのハリス&大きめの浮力のウキ

で、この釣り場でも効くのか試してみたいと思い準備します。

午前中このタックルでやり、もしダメだったら、いつものタックルに変える作戦です。

久しぶりに使うウキのエサ落ち調整に手間取っていると7時スタートの合図があります。

急いで調整し、2~3分遅れでスタートしました。


続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク