Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

NHCウインターオープン「トム・ソーヤ」【2/11(木)】

201602 / 16
2/11(木)はNHCウインターオープンに

参加する為、滋賀県東近江市にある

「釣堀トム・ソーヤ」に行って来ました。

 DSC_0128_20160216100303d87.jpg

この日の参加者は25名。

今回の大会形式は

前半戦は3時間の総重量戦。

後半戦は3時間の5枚重量勝負(入れ替えなし)の

合計ポイントで順位を決めるルールです。

DSC_0125_2016021610030108d.jpg 
*NHCホームページhttp://www.nhc27.jp/


場所抽選の結果は

前半は中央桟橋の事務所から見て右向き中央付近。

後半戦は左向きの中央付近が当たりました。

早速、釣り座に着きタックルの準備を開始します。

DSC_0126_20160216100301c8c.jpg 

池の常連さん達の情報によると

宙釣りはアタリ出しが遅く

段差の底釣りが無難との事だったので

9尺の段差の底釣りで開始する事にしました。

 DSC_0127_2016021610030231f.jpg

◆タックル◆
竿:9尺(神威)
棚:竿一杯の段差の底釣り(下鈎3cmずらし)
道糸:へら侍童心0.8号
上ハリス:へら侍童心0.5号/8cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/60cm
上鈎:「極ヤラズ8号」
下鈎:「喰わせヒネリ2号」
ウキ:巧実 段底PC8号
*エサ落ちは7目盛だし

◆バラケエサ◆
粒戦50cc
粒戦細粒50cc
トロスイミー50cc
水100cc  *ドロドロにして10分放置
セットアップ100cc
*50回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆(1袋にサナギ粉30cc入れた物)10cc
水12cc
*フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる(練らない)

DSC_0132_20160216100327285.jpg 

8時半の開始の合図と同時にエサ打ちを開始すると

15分程で魚の気配を感じ

最初のアタリで1枚目がヒットして来ました。

DSC_0134_2016021610033001d.jpg 

10分後に2枚目が釣れましたが

サワリは少なく釣れ続く感じではありません。

たまにバラケエサのタッチを変えてみたり

ズラシ幅を変えてみたりすると

変更直後に1枚釣れたりしますが

釣れ続く事はなく完全な拾い釣り・・・

DSC_0136_2016021610035075b.jpg 

ヒットパターンと言える物はありませんが

釣れる時はバラケエサが落ちてから

比較的早めに出る小さめのアタリが多い感じ・・・

しかしアタリの無い投が多いので

中々リズムに乗る事が出来ません。

それでも周囲では釣れている方だったので

我慢して拾い釣りに徹しました。

DSC_0129_20160216100305bfd.jpg 

最後の30分は少しだけウキが動き出したので

ダメ元で小さい変化系の動きに

合わせてみると

意外とヒットする事が分かり

4枚を追加して前半戦の終了時間を迎えます。

検量の結果は3,970g(12枚)で3位。

マズマズの成績で後半戦に望みを繋ぎました。

DSC_0130_20160216100324944.jpg


続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク