Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

シマノジャパンカップ「富里の堰予選」【6/30(土)】4

201207 / 05
続き・・・ 
ジャパンカップ富里2 

2回戦が開始されました。

1回戦で敗退してしまった選手のほとんどが観戦にまわってしまった為

対岸はガラガラ・・・

2回戦を行っている桟橋も大会の選手以外はほとんどおらず

このくらいの混雑度ならすぐに釣れ始めるかと思いましたが

5分経っても10分経っても釣れてきません・・・

周囲の選手も同じようで釣っている人でも2枚でアタリっきりといった感じではありませんでした。

僕の方はアタリが出るまで手返し良くバラケを打っていると

10分過ぎくらいからウキが動き出し15分くらいに1枚目が釣れてきました。

しかし、続けて釣れるような雰囲気はなく

モヤモヤとジャミのサワリのような動きはあっても

力強い動きが出ないまま時間が過ぎていきます・・・

忘れた頃に1枚・・・また1枚とは釣れますがペースに乗るような動きには程遠く

1時間経過後に4枚と完全に出遅れてしまいました。

しかし、周囲の釣れている選手でも、まだ10枚は釣っていない感じなので

諦めるには早すぎます。

ウキのサイズを小さくしてみたりバラケのタッチを色々と探ってみますが

ポツポツと3枚追加したのみで残り時間30分となってしまいました。

ここまでの釣果は7枚・・・

奇跡が起きない限り予選通過は絶望的な数字です・・・

ここで感嘆セット用のバラケが残っているのを思い出し最後の賭けに出ます。

竿はそのままでタックルを1回戦と同じ物にチェンジし

感嘆のセット釣りに変更することにしました。

すると変更後3投目より釣れ始めます。

その後も前半がウソのようにアタリが連続し

空振りも多いのですが毎回合わせられる状態になります。

最後の1投でも釣る事が出来、7枚の追釣に成功しました。

合計釣果は14枚で9.08kg。

見える範囲では3番手くらいでしたが・・・

ジャパンカップ富里4 

事務所前に張り出された結果は4位には1kgチョッと届かずの7位・・・

予選敗退となってしまいました

ジャパンカップ富里7 

優勝は1回戦トップ釣果の選手で釣り方も同じ14尺1mヒゲトロセットで11.13kg。

2位は8尺メーター力玉のセットで11.04kg

3位は8尺メーター力玉のセットで10.85kg。

4位は9尺メーターウドンセットで10.25kg。

1位以外はウドン系のセット釣りが占める形となりました。


しかし、ジャパンカップの予選はこれで終わった訳ではありません。

まだ9月に数会場の予選が残されていますので

全国大会へ出場出来る様に頑張りたいと思います。
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク