Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

M-1カップ中京・関西予選「水藻フィッシングセンター」【6/20(土)】Ⅱ

201506 / 25
続き・・・

DSC_0147_20150624093740bd5.jpg 

スタートダッシュに成功しましたが

7枚目を釣った直後から

急激にアタリが無くなってしまいます。

しばらくは我慢して続けていましたが

30分以上も釣れない時間が続いたので

バラケエサのタッチを探ってみる事にしました。

DSC_0139_201506240936593c1.jpg

ボソボソの硬ボソタッチから

軟らかいダンゴタッチのエサまで試してみると

明確な違いこそないものの

ダンゴタッチのエサの方が

少しだけアタリが多く、たまにヒットします。

DSC_0153_20150624093806451.jpg

しかしコンスタントというには程遠いペース。

そうこうしている内に周囲の浅棚セットや

チョーチンセットの選手に追いつかれてしまいました。

DSC_0142_20150624093719315.jpg

このままでは、どんどんと差をつけられてしまうので

たくさん釣ってぶっちぎろうとは考えず

これ以上の差が広がらないように拾い釣りに徹します。

ハリスの長さを変えたりバラケの大きさ

ウキの大きさ等を微妙に変えたり

クワセエサの種類をたまに変えてみて(感嘆・力玉サナギ漬け)

変え際に反応して来た魚を丁寧に拾いました。

DSC_0154_20150624093807b17.jpg

時間3~4枚のスローペースでしたが

周囲もあまり釣れていなかったので

差は開かず現状維持をキープ。

10時半の昼食休憩の時間までに

何とか20枚を釣る事が出来ました。

検量の結果は9kgジャスト。

僕のブロックは10kg台が2人いたので僕が3番手です。

DSC_0148_201506240937419e3.jpg 


続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク