Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

シマノジャパンカップ「武蔵の池予選」【5/16(土)】Ⅱ

201505 / 29
続き・・・

DSC_0134_20150528095858eb7.jpg 

1回戦は何とか通過する事が出来ましたが

釣果的には1番下の方・・・

2回戦の場所抽選を最後の方に受けると

運良く中央桟橋事務所向きの

クラング部分の端の席(№97)が当たりました。

DSC_0146_201505280959553c8.jpg

2回戦の大会形式は1回戦を勝ち上がった

20名を2ブロックに分け中央桟橋の

事務所向きと南桟橋向きに分かれて座ります。

競技時間は12時~14時までの2時間勝負で

各ブロックの上位2名づつと

3位の釣果多い方の計5名が

全国大会の出場権が与えられます。  

早速、釣り座に着きタックルの準備を開始します。

7尺メーター棚の感嘆セットです。

DSC_0154_20150528100100725.jpg

◆タックル◆
竿:7尺(普天元独歩)
棚:1m(ウキゴム~オモリまで)
道糸:へら侍童心0.6号
上ハリス:へら侍童心0.5号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/35cm
上鈎:「プロトタイプ6号」
下鈎:「喰わせヒネリ2号」
ウキ:巧実コデオPC4.5号
*エサ落ち目盛は4目盛だし
巧実コデオ4,5号

◆バラケエサ◆
粒戦100cc
粒戦細粒50cc
セットガン100cc
水200cc  *ドロドロにして5分放置
セット専用バラケ200cc
*50回程かき混ぜたら完成 

◆クワセエサ◆
感嘆10cc
水12cc
*フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる(練らない)

 DSC_0157_2015052810010489f.jpg

1回戦の終了間際に粒戦を追加し

軟らかめの少し鈎付けし難い

サクイタッチのバラケエサを丁寧につけて

深ナジミさせるとアタリを多く貰えたので

パウダーベイトスーパーセット100ccを抜いた配合にしました。

12時のスタートの合図と同時にエサ打ちを開始すると

1回戦とは違い場所が良い為かすぐにアタリ出します。

DSC_0155_20150528100101dda.jpg

寄り始めの素直な魚をうまく釣る事が出来

開始10分程で3枚を釣る事が出来ました。

しかしエサ打ちを続け水面に魚が見え出すと

フワフワと動く割にはアタリが出ずに終わる事が多くなり

釣れなくなってしまい30分程の空白が出来てしまいました。

DSC_0151_2015052810001722a.jpg 

ここで水面近くの魚に邪魔されて

バラケエサの持ちが悪くなっている事に気づきます。

そこでバラケエサを手水で練る様に20回程かき混ぜて

ボソッケを少し抑え今まで以上に丁寧に鈎付けすると

安定してナジミ幅が出るようになり

アタリも増えてポツポツと釣れ始めました。

DSC_0149_201505281000141e7.jpg

ヒットパターンは上記のバラケエサを

1.2×1.7cm程に丁寧に鈎付けし

トップの先端付近まで深ナジミさせます。

早い時はナジミ際に消し込み

上鈎にヒットしてくる事もありましたが

ほとんどが深ナジミ後に

3~5秒程でバラケエサが落ち

その直後の力強いアタリにヒットして来ました。

DSC_0147_20150528095956b43.jpg 

決して良いペースではなくポツポツの拾い釣りでしたが

周りの選手は苦戦しているので見える範囲ではトップ釣果。

例年の傾向を見ると2回戦は10枚釣れれば

通過は確実なので完全に決めようとは考えず

なるべく多くのアタリを出し、その中から

ポツポツと拾え10枚釣れれば良いと言い聞かせ

エサ打ちのリズムをキープして拾い釣りに徹します。

DSC_0153_2015052810005899e.jpg

上記のバラケエサは大きくは変えず

比較的、早めのエサ打ちリズムで

良いアタリで空振りが続いた時には

ハリスを35cmに、アタリが遠い時には40cmにすると

変え際にヒットする事も多く

最後の3枚は900g台、800g台、700g台と

大型が混じり10枚とした所で

2回戦終了時間を迎えました。

DSC_0150_201505281000158d6.jpg

運命の集計の結果は6.8kg(10枚)で

僕がBブロック1位。

全体でも1位となる釣果で

全国大会のチケットを手に入れたのでした。

武蔵1 

武蔵2  

3年ぶりのシマノジャパンカップ全国大会出場。

今年の会場は茨城県の「さくら湖」で

10/10(土)~10/11(日)に開催されます。

まだ、だいぶ先の話ですがシッカリ練習して

優勝できるように頑張りたいと思います。

DSC_0161_20150528100125e75.jpg  
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク