Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

シマノジャパンカップ「富里の堰予選」【6/30(土)】

201207 / 03

6/30(土)はシマノジャパンカップ関東予選に参加する為に

千葉県の「富里の堰」に行ってきました。

ジャパンカップ富里2 

◆富里の堰◆
〒286-0205
千葉県富里市根木名197-1
℡0476-92-2281


この日の参加者は150名弱。

上位4名しか全国大会への出場権が発生しない厳しい大会です。


情報収集の為、チョッと早く現地に到着し友人や顔見知りの人と情報交換していると

前の週、試釣をした人は皆、口を揃えて渋い・・・との事。

昨年の同大会と同じような釣果になるのではとの話が多く出ていました。


6時になると受付と場所抽選が開始されます。

早速、抽選を受けると事務所から見て右側の桟橋(東桟橋)の

最奥のブロック(C-72)が当たりました。
 
奥から2人目とマズマズの座席です

ジャパンカップ富里3 

1回戦は23人を1ブロックとし(全6ブロック)、ブロック内で総重量の多い上位5名ずつが

2回戦に進出できるルールで、7時~11時までの4時間勝負です。

早速、1回戦の場所まで行き、準備を開始します。

◆タックル◆
竿:9尺(普天元独歩)
棚:1m(ウキゴム~オモリまで)
道糸:へら侍・童心0.8号
上ハリス:へら侍・童心0.5号/7cm
下ハリス:へら侍・童心0.4号/30cm
上鈎:鬼掛「極ヤラズ7号」
下鈎:鬼掛「喰わせヒネリ4号」
ウキ:陽光作セット用(B5.5cmパイプトップ )
*エサ落ち目盛はカラ鈎で4目盛出し

陽光作セット用5.5cm

◆バラケエサ◆
粒戦100cc
粒戦細粒50cc
水200cc
*ドロドロにして5分放置
セット専用バラケ200cc
プログラム200cc
*30回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆10cc
水20cc
*フタ付きの計量カップに入れ、シェイクして仕上げる(練らない)
 


昨年の7月末に行われた同大会では1回戦、同じ9尺のメーター感嘆セットで15kgチョッとで

ブロック1位通過出来たので、その釣果を目標にし

釣り方もタックルも、その時とほぼ同じ物で準備しました。


目標の15kgというと枚数的には30枚前後。

4時間勝負なので1時間あたりに7枚前後釣れれば良い計算です。

風が右斜め前から吹いてきて振込み難いですがブロック内の選手は、ほぼ同じ条件。

朝方は冷え込み、ジャンバーを着ないと寒いくらいだったので

アタリ出しは遅いと思いハイペースでエサを開始しました。

ジャパンカップ富里 

続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク