Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

M-1カップ中京・関西予選「ひだ池」の予想と作戦

201503 / 06
明日3/7(土)は愛知県豊田市にある「ひだ池」にて

M-1カップ中京・関西地区予選が開催されます。

M1_201503061128323a9.jpg    

この予選の参加人数は120名で

準決勝に進出できるので20名です。

初戦で気持ち良く通過出来るように

8回も試釣したので「ひだ池」の状況を

かなり理解できました。

DSC_0149_2015022411131373c.jpg

そこで当日の僕の予想と作戦を発表。

外れる事も多いので

出場する選手は参考までにしといて下さいね(笑)。

DSC_0136_2015030409263292c.jpg 

まず本命の釣り方は8~11尺の

チョーチンセット釣り。

時期的にも池の傾向的にも

試釣する前から本命だと思っていたので

8日間の試釣全てを、この釣り方に費やしました。

DSC_0137_201503040926334ee.jpg

対抗が竿一杯の棚の段差の底釣り。

本命と肩を並べる、この時期定番の釣り方ですが

底の状態によりムラが多い事から対抗としました。

DSC_0146_20150224111309033.jpg

穴は11~15尺の浅棚セット。

厳寒期は大会等で混雑するとアタリ出しが遅く

アタリも続かないのですが

時期的に今くらいから良くなってくる傾向で

周りの選手が全員チョーチンや段底で

1人だけ浅棚の場合は魚の取り合いにならない為

有利に試合を進める事が出来ます。

DSC_0142_2015022411125390a.jpg

釣果の予想はトップ釣果で20kgくらい。

通過ラインは10~15kgくらいと推測します。

僕の作戦は水深のあるポイントに入ったならば

朝一はアタリ出しの早い10~11尺のチョーチンセットで入り

アタリが続くようになったら8~9尺に変更する予定です。

11尺以下の浅場に当たってしまった場合は

底の状況により段差の底釣りで

スタートするかも知れません。

DSC_0141_20150304092649fa1.jpg 

いよいよ明日は大会本番。

ひだ池までは片道250kmもあるので

出発は、おそらく午前2時~2時半です。

今日は早めに寝て体調万全で挑みたいと思います。

DSC_0122_20150218090558119.jpg 
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク