Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

NHC清和台天神釣り池【6/24(日)】3

201206 / 28

続き・・・

NHC天神3


休憩時間を利用しタックルの変更をすることにします。

前半戦は浅い棚をしていて1番良いサイズでも300g程でした。

後半戦は5枚の重量勝負なので浅い棚では5枚で1500gがいいところです。

チョーチン釣りを選択している選手は僕よりも1回り以上大きいへらを

釣っていたので後半戦は7尺チョーチンヒゲトロセットで開始することにしました。


◆タックル◆
竿:7尺(普天元独歩)
棚:チョーチン(ウキ1本分+1cmあける)
道糸:へら侍童心1.0号
上ハリス:へら侍童心0.6号10cm
下ハリス:へら侍童心0.5号17cm
上鈎:鬼掛「極ヤラズ8号」
下鈎:鬼掛「極関スレ6号」
ウキ:吉田作グラスストローク5号(カヤボディー7cm)
*エサ落ち目盛はカラ鈎で7目盛出し
吉田作グラスストローク5号 

◆バラケエサ◆
プログラム800cc
水200cc
*30回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
ヒゲトロ



1投目、作ったままの基エサのバラケを直径2cmくらいに大きく鈎付けし

ドップリ深ナジミさせ、縦誘いをしているといきなり「ツン」と1目盛落とし

またしても1投目に1枚目が釣れてしました。

さらにその後もアタリは続き、良いペースで釣れてきます。

魚のサイズは300g前後と前半戦に比べればかなり良いサイズですし

ヒット率も高いので前半戦にこの釣りをしていれば・・・と後悔してしまいました。

魚が寄り切ると基エサのボソが残ったエサでは動きすぎ、アタリが絞れなくなったので

手水で30回程押し練りし、軟ネバタッチにすると再びペースが上がり

入れパク状態になってきます。

しかし、ここで僕はミスを犯してしまいました。

かなり枚数が釣れているの状態だったので慎重にサイズを選び

3時間かけて5枚を揃えれば良かったのですが

午前中に150~200gくらいのサイズばかり見てきたせいか300gチョッとのへらが

大型に見えてしまい全てフラシに入れてしまいます(笑)

そんな訳で3時間ある後半戦は1時間もしないうちにリミットの5枚を

全部フラシに入れてしまい競技終了となってしまいました。

検量の結果は5枚で1660gで15位(涙)

総合では9位とだいぶ順位を下げてしまったのでした。

NHC天神5 

結果は前半戦1位・2位の選手が後半戦も手堅くまとめ1位・2位を死守し

前半戦4位の選手が3位となりました。

1位の選手は後半戦は18尺チョーチンの両ダンゴで数もかなり釣っており

正面で見ていても楽しそうでした。

9位の商品はバナナとキャンディー(参加賞に東レのライン)。

NHC天神4 

お米が欲しかったな~


*大会の結果はNHCのホームページにも載っています。
楽しい大会なので是非、参加してみてください。

◆NHC(日本へらぶなクラブ)ホームページ◆
http://www.nhc27.jp/

鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク