Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

宮川園「月例決勝大会」【11/30(日)】Ⅱ

201412 / 05
続き・・・
宮川9 

昼食休憩中に情報収集すると

トップは3号桟橋奥の知人で8尺浅棚セットで

38枚も釣れている事が分かりました。
(ガセ情報で28枚という事が後で発覚しました)

2位以下は24~25枚と離されていますが

上位は3号桟橋の短竿浅棚セットが多いとの事。

宮川29 

トップとは3倍近くの差・・・

逆転不可能な釣果に

心がポッキリ折れてしまいましたが

気を取り直し再開します。

後半戦は落ち葉で振り込み難いので

タックルは同じまま竿を8尺に短くして再開しました。

宮川28 

すると再開直後から

右後ろからの風が強くなり

水面の落ち葉は左岸に押し寄せられて

水面がきれいになってしまいました。

宮川35

これで、やっと普通にエサ打ちが出来ると

テンポ良くエサ打ちを開始しますが

竿を短くしたのが悪いのか全くアタリません・・・

宮川34

1枚目が釣れたのは30分以上経ってから・・・

その後もアタリは続かず

棚やハリスの長さ、バラケのタッチを変えて

たまに拾うだけの釣りが続き

終盤を迎えてしまいました。

宮川23 

最後はバラケ性の高いバラケエサを作り直し

ハリスを短くして抜き系の釣り方を試すと

突如アタリが連発し2~3枚追加できましたが

時、既に遅し・・・

午後からの釣果は13枚。

検量の結果は11.0kg(27枚)で11位と

良い成績を残す事が出来ずに

大会は終了してしまったのでした。

宮川32

集計の結果は

1位が3号桟橋4号向き奥、

8尺80cm感嘆セットで18kg。

2位は3号桟橋4号向き中央、

10尺60cm力玉セットで15.9kg。

3位は5号桟橋岸向き中央、

6尺1.2m力玉セットで15kgと

短竿の浅棚セットが上位を独占し

上位の人に聞くと全員、0~浅ナジミの

抜き系のセット釣りだったのでした。

宮川31 

*「宮川園」は2015年11月に閉園となりました。
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク