Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

宮川園「月例決勝大会」【11/30(日)】

201412 / 04
11/30(日)は滋賀県東近江市にある

「宮川園」の月例決勝大会に参加してきました。

宮川14 

この大会は毎月第1日曜日に開催されている

池主催の月例大会の総合上位50名が参加できる大会で

当日は43名の参加者が集まりました。

宮川17 

当日の大会指定場所は

3号、4号、5号桟橋の西向き。

6時半に行われた場所抽選の結果は

5号桟橋岸向き中央付近が当たりました。

早速、釣り座に行きタックルの準備を開始します。

宮川2 

◆タックル◆
竿:9尺(神威)
棚:70cm(ウキゴム~オモリまで)
道糸:へら侍童心0.7号
上ハリス:へら侍童心0.5号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/40cm
上鈎:「極ヤラズ5号」
下鈎:「喰わせヒネリ3号」
ウキ:仁成作シャローアシストゼロ極細パイプ4.5号
*エサ落ちは3.5目盛だし
仁成作シャローアシストゼロ極細パイプ4,5号

◆バラケエサ◆
粒戦50cc
トロスイミー50cc
セットガン100cc
水200cc  *ドロドロにして5分放置
セット専用バラケ100cc
パウダーベイトスーパーセット100cc
軽麩100cc
*30回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆10cc
水13cc
*フタ付きの計量カップに入れてシェイクして仕上げる(練らない)

宮川 

前日の試釣で良かった

9尺カッツケ感嘆セットで開始する事にしました。

前日は新べら放流の翌日だった為か
【11/18(金)に400~500g級を1トン放流】

同じ釣り方で3投目から

新べらが入れパクだったのですが

この日のアタリ出しは30分以上も経ってから・・・

しかも目当ての新べらではありませんでした。

宮川21 

周りの人の釣れ出しも遅く

昨日と違い新べらの喰いは悪い感じ・・・

ほとんどアタリももらえない状態が続きます。

8時チョッと過ぎの段階でまだ2枚・・・

ウキの動きも増えない事から

ここでタックルをマイナーチェンジする事にしました。

まず下ハリスを50cmに伸ばし

下鈎を「喰わせヒネリ2号」にサイズダウン。

さらにウキを浮力の小さい

「巧実コデオPCムク4号」と小さくし

巧実コデオ4号
*エサ落ちは3.5目盛だし


少しでも動きを出せるように

タックルを繊細にします。

すると、これが正解でポツポツと釣れ始めました。

宮川22 

ヒットパターンは軟ネバボソタッチのバラケエサを

1×1.5cm程に鈎付けしトップの先端まで深ナジミさせ

バラケエサが落ちた直後からチョッと待ってからのアタリ。

短い間隔で5枚程釣る事が出来ました。

しかし、ここからという時に

大量の落ち葉がエサ打ちポイントに流れてきてしまい

同じ所にエサ打ちするのが困難になってしまいます。

宮川24 

クワセエサが落ち葉に引っ掛かったり

道糸に引っ掛かったり・・・ 

リズム良くエサ打ち出来ないので

魚が散ってしまいアタリが激減してしまいます。

時折、大きめ落ち葉の穴を見つけ

ペース良く打ち続けると

何枚か拾う事は出来ましたが

ほどんど自分の釣りをさせてもらえず

昼食休憩の時間を迎えてしまいました。

宮川25 

ここまでの釣果は14枚。

僕のいる5号桟橋では釣れている方ですが

3号桟橋では2フラシ目に入っている人も

数名いるようなので

上位グループにはかなり離されてしまいました。

宮川26 


続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク