Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

宮川園「11月度月例大会」【11/2(日)】Ⅱ

201411 / 05
続き・・・
宮川5 

昼食休憩中に情報収集すると

トップ釣果は僕で18kg弱くらい。

上位のほとんどが7~9尺のカッツケ固形セットとの事で

この時期から好調になる

段底や両ウドンの底釣りは今一との事でした。

宮川9 

2位との差は3~4kgとの事。

午後からも同じ釣り方で再開する事にします。

宮川20  

再開後は棚を少し深めにして開始した為か

5分程でアタリだし、すぐに釣れ始めました。

宮川26  

初めの2~3枚は素直に釣れましたが

魚の寄りが多くなると

糸ズレやカラツンが多くなり

朝一同様、ヒット率が悪くなります。

宮川19

ここで棚をウキゴム~オモリまで30cmと浅くすると

急に好調になり一気に3連荘。

1時間チョッとで3フラシ目を一杯にする事が出来ました。

宮川17 

4フラシ目も2~3枚は好調に釣れましたが

14時くらいから降り出した雨と風の影響で

ウキが見難くなり流れが発生すると

大幅にペースダウンしてしまいます。

宮川12

魚の気配はあるのですが

良いアタリがなくウキの見難さも手伝って

感で合わせると、すべてスレになってしまいました・・・

仕方ないので太めのトップの付いたウキに

チェンジしてみましたが追加できず。

宮川18  

最後の30分に雨と風が弱まった隙に

元のタックルに戻し数枚追加しましたが

最後まで好転する事のないまま

16時の大会終了時間を迎えてしまいました。

宮川28  

午後からの釣果は30枚。

14時くらいまでの感じでは

35kgくらいは釣れると思っていましたが

終盤の大幅なペースダウンが祟り

検量の結果は29.8kg(72枚)。

2位の知人にかなり迫られましたが

午前中の貯金が効いて僕が優勝となりました。

宮川31 

2位は5号桟橋岸向きに入った知人で

7尺カッツケ固形セットで27kg台。

3位は4号桟橋5号向き手前に入った友人で

8尺カッツケ感嘆セットで24kg台。

という結果となりました。

宮川32 
*「宮川園」は2015年11月に閉園となりました。
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク