Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

ダイワへらマスターズ「水藻フィッシングセンター予選」【10/25(土)】Ⅱ

201410 / 29
続き・・・


水藻18 

1回戦の情報収集すると

トップ釣果は19kg台で7尺チョーチン固形セット。

その他、上位釣果のほとんどが

7尺チョーチンセットの選手で占めており

この釣り方が圧倒的に有利な感じでした。

水藻12  

集計が終わった所で2回戦の抽選が始まります。

シード選手が1番最初だったので抽選を受けると

出てきた番号はB-297 ・ ・ ・ 

座席表を確認に行くと2号桟橋3号向き

最奥の席という事が分かりました。

水藻9 

右隣には選手がいますが

僕の左から奥は誰もいない空席・・・

最高の座席にテンションが上がります。

早速、釣り座に着きタックルの準備を開始。

釣り方は7尺チョーチン感嘆セットです。

水藻8 

◆タックル◆
竿:7尺(枯法師)
棚:チョーチン
道糸:へら侍童心0.8号 
上ハリス:へら侍童心0.6号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.4号/30cm
上鈎:「極ヤラズ7号」
下鈎:「喰わせヒネリ4号」
ウキ:巧実 縦誘いGムク7号
*エサ落ちは4目盛だし
巧実縦誘いGムク7号

◆バラケエサ◆
粒戦100cc
トロスイミー50cc
セットガン100cc
水200cc  *ドロドロにして5分放置
セット専用バラケ100cc
凄麩100cc
パウダーベイトスーパーセット100cc
*30回程かき混ぜたら完成

水藻23

◆クワセエサ◆
感嘆10cc
水15cc
*フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる(練らない)

水藻20  

2回戦の大会形式は1回戦を勝ち上がった17名と

シード選手(僕)を加えた18名を2ブロックに分け

各ブロック上位1名ずつ(計2名)が11月中旬に行われる

全国大会の出場権を獲得出来るルールで

2時間の総重量勝負です。

水藻10 

12:30に開始の合図がありエサ打ちを開始すると

5分程でウキが動き始めます。

しかし糸ズレのような動きばかりで

合わせられそうな動きはなし・・・

まだ1枚も釣っていませんでしたが

ここで鈎を「ストロングストレート3号」にサイズアップし

下ハリスを18cmに詰める事にしました。

水藻13 

すると、いきなり4連荘

最高のスタートダッシュに成功します。

水藻24 

アタリは深ナジミした直後の消し込みアタリで

4枚中、2枚が上鈎へのヒットでした。

その後は少しアタリが止まってしまったので

下ハリスを25cmに伸ばすと

ポツポツと釣れ始めます。

水藻26 

しかしアタリが出る割にはヒット率が悪く

もう少しペースアップ出来そうな感じ・・・

ここでバラケエサに手水を入れ

20回程かき混ぜ軟らかく手直しすると

突如、入れパクへと突入しました。

水藻27 

ヒットパターンは軟ネバボソタッチのバラケエサを

1.3×1.7cm程に鈎付けし 

トップが完全に水没するくらいに深くなじませます。

水藻11

完全に水没したらトップが2~3目盛程でる

縦誘いを繰り返すと2~3回目の縦誘い直後に

力強いアタリで釣れてくるといったパターンでした。

最初の1時間で18枚を釣り上げ

1番最初に1回目の検量を済ませる事に成功します。

水藻14 

しかし検量後はアタリが激減してしまい

10分程、追加出来ない時間が続きました。

水藻15

ここで少し焦り始めますが周囲を見回しても

僕より好調に釣っている選手の姿はなく

最初の1時間で、かなりのアドバンテージがある感じ・・・

水藻21

ここで攻めて失敗して大きな穴を空けてしまったら

追いつかれる可能性もあったので

冷静に拾う作戦にしました。

水藻19   

とりあえず少しでも多くアタリを貰うべく

下ハリスを35cmまで伸ばすと

再びポツポツと釣れ始めます。

水藻25 

その後は多少のカラツンは我慢し

それでも余計な動きが多い時は下ハリスを30cm。

動きが減ったら35cmに戻すを繰り返すと

連続ヒットこそないものの

比較的コンスタントに釣れてきます。

水藻28

周囲では2フラシ目に突入する選手がいなかったので

最後までこのパターンを続け

大きな穴を空けずに2回戦終了時間を迎えました。

水藻16

後半の1時間の釣果は11枚。

検量の結果は13.3kg(29枚)でBブロックトップ。

集計の結果、全体でもトップ釣果で

全国大会のチケットを手に入れる事が出来ました。

水藻30

2位は7尺チョーチン固形セットで11.25kg。

3位も7尺チョーチン感嘆セットで10kgとなり

チョーチンセットが上位を占めた大会となったのでした。


結果

今年の全国大会も11/14(金)~11/16(日)に

茨城県古河市にある「三和新池」で行われます。

昨年は予選リーグ敗退と悔しい思いをしているので

今年こそは優勝できるように頑張りたいと思います。


水藻29
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク