Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

ダイワへらマスターズ「水藻フィッシングセンター予選」【10/25(土)】

201410 / 28
10/25(土)は「ダイワへらマスターズ関西予選」に

出場する為に大阪府貝塚市にある

「水藻フィッシングセンター」に行って来ました。

水藻7 

昨年の全国大会でシード権を獲得しており

2回戦からの参加なので

10時頃までに現地に到着していれば良いのですが

1回戦の様子を見学したいのと 

少し練習しておきたかったのもあって

7時チョッと前に池に到着し 

空いている1号桟橋2号向き手前で試釣をしながら

1回戦の様子を観察する事にしました。

水藻 

桟橋に到着すると同時に1回戦開始の合図。

2号桟橋手前のブロックの選手の中には

1~2投目から竿を絞っている選手もおり

朝一の活性は高い様子・・・ 

序盤にスパートを決めたのは

7尺チョーチンセットを選択した選手達のようでした。

水藻2

カッツケセットの選手も10分程で釣れ出し

チョーチンセットの選手に続きます。

釣れ出しは7尺チョーチン固形セットの選手が早く

場所的には3号桟橋より2号桟橋が

20~30分アタリ出しが早い感じでした。

水藻4 

序盤の状況を確認した所で

自分のタックルの準備を始めます。

とりあえず最初は7尺チョーチン感嘆セット。

1号桟橋はガラガラの状況なので

すぐに釣れ始めるかと思いましたが

アタリ出しまでに10分程かかってしまいました。

水藻3 

しかし1枚釣れ出してからはアタリが続き

周囲に人がいない事から

独り占め状態になり

次第に入れパク状態になってしまいます。

1時間程、釣りをした所で

再び1回戦の様子を見に渡り桟橋の方へ・・・

水藻5 

その頃になると3号桟橋も釣れ始め

場所ムラも、かなり解消された感じ。

1回目の検量を済ませる選手も出てきました。

序盤は不調だったカッツケのセット釣りで

検量している選手も見受けられます。

水藻6 

ここで自分の釣り座に戻り

7尺カッツケ感嘆セットを試してみる事に。

これも釣れ出しに10分くらい掛かったものの

一旦、魚が寄りきると良い感じで釣れる様になります。

そうこうしている内に1回戦終了時間となりました。

急いで道具を片付け1回戦の釣果を見に向かいます。

水藻7
 


続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク