Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

東レカップ関西大会「甲南へらの池」【9/23(火)】Ⅲ

201410 / 02
続き・・・

甲南8 

2回戦の開始時間は12時半~。

場所移動して準備しても時間に余裕があるので

昼食をとってから情報収集にまわります。


甲南18 

すると2号桟橋1号向きが釣れており

3フラシ以上の釣果の選手が数名いる事が分かりました。

高釣果の選手の釣り方は15尺のペレ宙の様子。

しかし手前側や内向きでは貧果が多く

4~5枚で1回戦を通過した選手も居るとの事。


場所ムラが激しい感じでした。

情報収集していると2回戦の場所抽選が始まります。

甲南19 

場所抽選の結果は

2号桟橋3号向きの奥の方が当たりました。

早速、釣り座に行きタックルの準備を始めます。

どの釣り方にするか迷いましたが

両隣が15尺のペレ宙を選択したので

同じ釣り方やカッツケでは影響が大きいと感じ

7尺チョーチンセットで開始する事にしました。

甲南26

◆タックル◆
竿:7尺(聖)
棚:チョーチン
道糸:へら侍童心0.7号
上ハリス:へら侍童心0.6号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.4号/30cm
上鈎:「ストロングストレート6号」
下鈎:「ストロングストレート3号」
ウキ:仁成作B6cmGムク
*エサ落ちは5目盛だし
仁成作B6cmグラスムク


◆バラケエサ◆
粒戦100cc
トロスイミー50cc
セットガン100cc
水220cc  *ドロドロにして5分放置
凄麩300cc
BBフラッシュ100cc
*30回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆20cc
水20cc
*フタ付きの計量カップに入れてシェイクして仕上げる(練らない)

甲南20

2回戦は12:30~15:00までの総重量勝負。

開始の合図と同時にエサ打ちを始めると

5分程でアタリ出し、すぐに1枚目がヒットしてきました。

甲南24 

続いて5分程で2枚目。

3枚目まで簡単に釣れてしまいましたが

1回戦同様、その後はドンドンと

アタリが無くなってしまいます。

釣れる魚のサイズも悪い事く

チョーチンで好調につっている選手もいない事から

この釣り方はないと考え

チョッと早い決断でしたがカッツケセットに変更します。
 
甲南28

同じ竿のままタックルを1回戦と同じ物に変更

5分程の中断で再開する事が出来ました。

エサはチョーチンで使っていた物を

手水で軟らかくして、そのまま使用します(笑)。


甲南27 

この変更は大正解で5分程でアタリだし

すぐに1枚目がヒットしてきました。


甲南21 

その後もアタリは続き

ウキの動きはチョーチンとは別世界。 
 
時折、連荘で釣れてくるようになりました。

甲南30 

ヒットパターンは基エサを手水で練った

軟ネバボソタッチのバラケエサを

1×1.5cm程と小さめに鈎付けし

トップの先端付近まで深ナジミさせます。 

早い時はナジミきる寸前の消し込みアタリでヒットし

上鈎にヒットする時があり、これが2割程。

しかしメインはバラケエサの落ち際の

力強いアタリでした。

甲南25

40分程で一気に10枚を追加しますが

その後はアタリが止まってしまい失速・・・

その後は棚やハリスの長さを小まめに変えて

拾いながら終了の時間を迎えてしまいました。

甲南29 

検量の結果は9.4kg(23枚)で8位。

1位は7尺カッツケ感嘆セットで14kg台。

2位は7尺50~60cmのウドンセットで12kg台。

3位は15尺ペレ宙で10kg台という結果となりました。

甲南33

甲南32 

甲南31 
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク