Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

シマノジャパンカップ「清遊湖予選」【9/6(土)】Ⅱ

201409 / 10
続き・・・

清遊湖8 

1枚目が釣れた後もアタリは続き

短い間隔で追釣していきます。


清遊湖18 

1時間経過後で12枚。

ヒットパターンは基エサを半分に分け

手水で20回程かき混ぜた

軟ボソタッチのバラケエサを

1.2×1.7cm程の大きさに鈎付けし

トップの先端付近まで深くなじませます。


清遊湖15

早い時は、なじんだ直後の消し込みアタリで

上鈎にヒットする時もあり、それが2割程。

一旦、深ナジミし上がってくる途中の

力強いアタリが3割程。

バラケが落ちる寸前~直後のアタリが5割程といった

感じで釣れてきました。


清遊湖19 

しかし8時半を過ぎるとペースが落ち始めます。

それでも9時半までに20枚を釣り

見える範囲では最初に2フラシ目に突入する事が出来ました。


しかし、すぐに同じブロックの他の選手も

2フラシ目に突入したので、ほとんど差がない様子・・・


バラケエサを作り直し気合を入れて再開します。

清遊湖20   

しかし、ここからが最悪・・・

急激に地合が悪くなり

ほとんどアタリを出せない状態になってしまいました。


しかし周囲の選手も状況は同じ

少しでも追釣すべく拾い釣りにシフトチェンジします。


清遊湖10 

ハリスの長さ、鈎の大きさ

バラケのタッチ、ウキの大きさ・・・


色々と変えて探ってみますが

正解は見つからず時間だけが過ぎていきます。


清遊湖11 

同じブロックで僕が見えている範囲では

2フラシ目に突入しているのは4名。


しかし僕はブロック中央付近なので

端の方の状況は分かりません。


2フラシ目に入っている人達は

ほぼ同じ枚数と予想できるので

検量するまで分からない感じ・・・


僕の釣ったへらはサイズが悪い感じがしたので

2~3枚は余分に釣っておかなければ安心できません。


清遊湖16

しかし、この後も状況は好転する事はなく

最後までウキやハリス、鈎を変更する

迷走ぶりで9時半からの1時間半で

4枚しか追加できず11時の

1回戦終了時間を迎えてしまいました。


清遊湖9 

検量の結果は12.47kg(24枚)で

見える範囲では3番手なので微妙なライン・・・


祈るような思いで結果発表を待ちましたが

僕の名前が呼ばれる事はなく

1回戦敗退が確定してしまいました。
 

清遊湖23 

清遊湖24 

清遊湖25 
http://fishing.shimano.co.jp/event/2014/japan_cup/hera/result/kantou_c.html


2回戦の結果は8尺メーター棚の

固形セットを選択した選手が上位を独占。

釣り方の選択は間違っていなかっただけに

悔いの残る結果となったのでした。


清遊湖26 

予選を通過した皆さん。

おめでとうございます。
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク