Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

宮川園【8/24(日)】Ⅲ

201408 / 28
続き・・・

宮川園4 

このままでは逆転が難しそうなので

昼食後は他の釣り方を試してみる事に・・・

選択したのは8尺メーター弱の棚の両ダンゴ。

宮川園14 

しかし、これは大失敗で

1枚も追加出来ないまま

6尺カッツケセット(朝一のタックル)に

戻す事になってしまいました。 

宮川園13  

すると再開直後から良型の3連荘。

正解かと思いましたが

調子が良いのは打ち始めだけで

5~6枚調子良く釣れると

ペースは急降下してしまいます。

宮川園16 

この頃になると時折降っていた小雨が

本降りになってきました。

雨で魚の警戒心が薄くなったのか

水面に見える魚の量は、かなり増え

アタリも多くなった気がします。

宮川園20 

さらに14時過ぎに予定があって早上がりした

左隣の友人が帰ると

僕が端の席になった為か

ウキは動きっきり状態に・・・ 

宮川園21 

これはチャンスだと感じ 

すぐに両ダンゴに変更すると

思惑通り今日1番のペースになります。

宮川園18

◆タックル◆
竿:6尺(三代目剣鋒)
棚:ウキゴム~オモリまで30cm
道糸:へら侍童心0.8号
上下ハリス:へら侍童心0.5号/12-18cm
上下鈎:「ストロングストレート4号」
ウキ:陽光作B4.5cmパイプトップ
*エサ落ちは4目盛だし
陽光作B4,5cmパイプトップ 

◆ダンゴエサ◆
凄麩200cc
ガッテン200cc
ダンゴの底釣り夏100cc
水180cc  *30回程かき混ぜ5分放置
パウダーベイトへら100cc
*30回程かき混ぜたら完成

宮川園19

ヒットパターンは上記ダンゴエサを半分に分け

手水で若干軟らかくした軟ネバボソタッチのエサを

1×1.5cm程に鈎付けし振り切りギミにエサ打ちします。

早い時はトップの付け根付近であたったり

落ち込みで持っていってしまう物もありましたが

それは全体の1割程で

ほとんどが深くなじんだ直後の消し込みアタリでした。

宮川園17

最後の1時間は良型が多くなり

時間20枚以上のペースになった所で

例会終了時間の16時を迎えます。

宮川園10

後半の釣果は57枚。

検量の結果は40.5kg(98枚)で

僕が優勝となりました。

2位は早上がりした友人で

釣り方は6尺カッツケヒゲセットで35.5kg。

3位は6尺チョーチンヒゲセットで35.3kg。

という結果になりました。
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク