Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

水藻フィッシングセンター「8月度月例大会」【8/17(日)】

201408 / 21
8/17(日)は大阪府貝塚市にある

「水藻フィッシングセンター」の

月例大会に参加してきました。

水藻 

この日は、お盆休みの最終日。

埼玉県の実家に帰省していたので

前日の夜に埼玉県を出発して

当日の早朝に大阪に到着。

車で仮眠して釣り場を訪れたのでした。

水藻2 

この日の大会参加者は40名。

6時半に行われる場所抽選の結果は

2号桟橋3号向きの中央よりチョッと奥の

№294に決まりました。

水藻6 

早速、釣り座に着きタックルの準備を開始します。

7尺チョーチン両ダンゴです。

水藻8

◆タックル◆
竿:7尺(光竹・合成)
棚:チョーチン
道糸:へら侍童心1.2号
上下ハリス:へら侍童心0.6号/15-22cm
上下鈎:「極ヤラズ・ストロングストレート6号」
ウキ:巧実コデオセミロング7.5号
*エサ落ちは7目盛だし
巧実コデオセミロング7,5号グラスムクトップ


◆ダンゴエサ◆
凄麩400cc
ガッテン400cc
ダンゴの底釣り夏200cc
水360cc  *粉エサは山盛りで計測
*30回程かき混ぜたら完成 

水藻14 

水藻13 

7時に開始の合図がありエサ打ちを開始すると

すぐにアタリがあり5分程で

1枚目がヒットしてきました。

水藻25 

いつもなら、すぐにアタリっきり状態になるのですが

今日はチョッと変な感じ・・・

アタリは続きませんし

水面に見えている魚の量もかなり少なめです。

水藻9 

それでもポツポツとは釣れますが

いつものスタートダッシュはなく

最初の1時間は15枚・・・

次の1時間は10枚とペースダウンしてしまい

9時を過ぎるとサワリの量は激減し

アタリを出すのも苦労する程になってしまいました。

水藻10 

ここでウキを小さくしてみたり

ハリスを40-50cmまで長くしてみたり

軽めのエサを試してみたりしましたが

変えた直後は素直に釣れるものの

後が続かず完全な拾い釣り・・・

水藻12

結局、10時半まで好転する事はなく

昼食休憩の時間を迎えてしまいました。

水藻11

ここまでの釣果は38枚で1フラシ半。

3フラシ目に入っている人は5~6人いるので

トップグループには、かなり離されてしまいました。

水藻16 


続く・・・ 
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク