Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

ひだ池「7月度月例大会」【7/26(土)】Ⅱ

201407 / 29
続き・・・

ひだ池17 

昼食休憩中に情報収集すると

短竿チョーチンの両トロダンゴが好調の様子。

トロロの準備はしてありませんでした・・・

それ以外の釣りは同じような感じだったので

後半も同じカッツケセットで再開する事にします。

ひだ池18 

ウキが動き始めたのは10分後・・・

午前中の比べ魚の活性は高くなっており

すぐに水面にも魚の姿が見え始め

ポツポツと釣れ始めました。

ひだ池23  

ヒットパターンは午前中の良かった時と全く同じで

軟ネバボソタッチぼバラケエサをシッカリなじませ

バラケエサの落ち際に出る力強いアタリ。

ひだ池22   

2~3枚短い間隔で釣れると間が空いてしまうので

ウキゴム~オモリまでを30cmを基準に

カラツンが多い時は10cm程浅く

アタリが少ない時は10cm程深くすると

変えた直後に釣れてくる事があり

30分おきくらいに調節しながら拾っていきました。

ひだ池25  

後半は入れパクにはならないものの

大きな穴を空ける事なくコンスタントに釣る事が出来

35枚を追加して大会終了の15時を迎えます。

ひだ池27 

集計の結果は

1位は8尺チョーチン両トロロで53kg台。

2位、3位は41kg台で

僕は32.6kg(62枚)で6位という結果となりました。

ひだ池31 

1位から好きな賞品を持って行けるので

あきたこまち2kgをゲット。

ひだ池32

当日は19時まで延長営業をしていたので

延長料金を支払い友人達と最後まで釣りを楽しみます。

ほとんどの人が帰ってしまった17時以降は

両ダンゴのカッツケで入れパク状態。

大満足で帰路に着いたのでした。

ひだ池 
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク