Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

宮川園【6/22(日)】Ⅱ

201406 / 26
続き・・・
宮川21 

休憩中に情報収集すると

短竿カッツケ固型セットが1番釣れていて

両ダンゴやヒゲセットでは難しい感じだったので

午後からも同じ釣り方で再開することにします。 

宮川17 

再開後は5分程でウキが動き出し

程なくしてポツポツと釣れ始めました。

宮川26 

しかし午前中に比べアタリは続かず ヒット率も低め・・・

中々ペースに乗る事が出来ません。 
 
ここで午前中とは地合が変わったと感じ

バラケエサの配合を変更してみます。

宮川18 

◆変更後のバラケエサ◆
粒戦50cc
トロスイミー50cc
水200cc   *ドロドロにして5分放置
セットガン200cc
凄麩200cc
セット専用バラケ100cc

宮川16 

午前中に比べバラケ性が高くボソが強い配合です。

あまり弄らずに使い魚を多く寄せ

カラツン覚悟でウキを動かしながら釣る作戦にしました。

仕掛けやウキ等のタックルは同じまま再開すると

2~3投後に、すぐに1枚が釣れ

間を置かず2枚目は良型・・・・

宮川11 

一瞬これが正解かと思いましたが

良かったのは最初だけで

同じバラケを打ち続けていると

糸ズレばかりになってしまい

全く釣れなくなってしまいました。

宮川20

再び元のダンゴタッチのバラケに戻すと

すぐに釣れるのですが、これも長くは続かず

結局、訳がわからず10~15分おきに

交互に打ち分けてポツポツと拾う以外

釣る方法が思いつきませんでした。

宮川27  

その方法で何とか大きな穴は

空けない事が出来ましたが大きな見せ場もなく

16時の納竿時間を迎えてしまいます。

午後からの釣果は43枚。

合計釣果は40.0kg(97枚)で

何とか2位に入賞する事が出来ました。
 
宮川19

1位は7尺カッツケ感嘆セットで43.2kg。

3位は7尺カッツケ感嘆セットで34.2kgと

上位はカッツケのセット釣りで独占されたのでした。 

*「宮川園」は2015年11月に閉園となりました。
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク