Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

宮川園「6月度月例大会」【6/1(日)】

201406 / 03
6/1(日)は滋賀県東近江市にある

「宮川園」に行ってきました。
宮川5 

前日は池主催の釣り教室のお手伝いで

同池を訪れていたので2日連荘での「宮川園」。

昨日は1日中暑い猛暑日で

疲れきっていた事もあり

近くのビジネスホテルに宿泊。

10時間近く睡眠をとったので

朝はバッチリ目覚める事が出来ました。

宮川

この日は毎月第1日曜日に開催されている

池主催の月例大会に参加しました。

参加者は35名程で6時半に行われる

場所抽選の結果は3号桟橋岸向きの

ほぼ中央付近の№11が当たります。

宮川2 

早速、釣り座に着き

タックルの準備を開始しました。

6尺カッツケ感嘆セットです。

宮川4  

◆タックル◆
竿:6尺(荒法師武天)
棚:30~40cm(ウキゴム~オモリまで)
道糸:へら侍童心0.7号
上ハリス:へら侍童心0.5号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/25cm
上鈎:「極ヤラズ6号」
下鈎:「喰わせヒネリ4号」
ウキ:吉田作パイプストローク2号(カヤB4.5cm)
*エサ落ちは4目盛だし


◆バラケエサ◆
粒戦50cc
トロスイミー50cc
水200cc  *ドロドロにして5分放置
セット専用バラケ200cc
パウダーベイトスーパーセット200cc
軽麩200cc
*30回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆(サナギ粉30cc入り)10cc
水10cc
*フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる(練らない)

宮川9 

7時に開始の合図がありエサ打ちを開始すると

5分程でアタリ始めポツポツと釣れ始めました。

宮川20 

釣れてきたので300gくらいの痩せたサイズ。

しかし、いつもに比べ動き出しは早く

アタリも思ったよりは続きます。

宮川7 

5枚くらいは簡単に釣れてきましたが

その後、急にアタリが無くなってしまいました。

しかしウキは動いているので

周りに魚は寄っている様子・・・

基エサのまま使っていたバラケエサに手水を打って

軟らかいダンゴタッチに手直ししてみます。

すると、これが正解で連荘でヒットしてくるようになりました。

宮川21 

しかし魚のサイズは相変わらずで

良型は、なかなか混じりません。

しかし周りから見ると、かなり良いペースです。
 
宮川24

ヒットパターンは上記バラケエサを

手水で、かなり軟らかく練った

軟ネバタッチのバラケエサを

1.2×1.7cm程の大きさに鈎付けし

トップ先端付近まで深く馴染ませます。

そこからサワリがありジワジワと上がり

バラケエサが落ちる寸前~落ちて10秒以内くらいに出る

力強いアタリにヒットが集中しました。

宮川22 

1時間半チョッとで20枚を釣り

1番乗りで1回目の検量を済ませる事に成功します。

宮川10

しかし検量後は6尺という短竿の為か

影響が大きかったようで30分程沈黙・・・

その後は元のペースとはいきませんでしたが

棚やハリス、バラケのタッチを微妙に変えて拾い

昼食休憩の時間までに

50枚を釣る事が出来ました。

宮川11 


続く・・・
*「宮川園」は2015年11月に閉園となりました。
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク