Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

甲南へらの池「5月度月例大会」【5/11(日)】

201405 / 13
5/11(日)は滋賀県甲賀市にある

「甲南へらの池」に行って来ました。

甲南 

前日までは埼玉の実家に帰省していましたが 

翌週末に行われる

M-1カップ関西予選の練習の為

当日、行われた池主催の月例大会に参加する事にしました。

甲南2

前日の夜9時頃に埼玉を出発して

甲南インターの手前にある

土山のサービスエリアで仮眠。

朝の6時頃、池に到着しました。

甲南3 

池に到着すると、かなりの混雑。

翌週の大会の試釣をする人達も大勢訪れていて

参加者は過去最多の69名となっていました。

甲南4

6時半の場所抽選の結果は

3号桟橋2号向き中央付近の№119。

早速、釣り座に着きタックルの準備を開始します。

甲南8

◆タックル◆
竿:7尺(普天元独歩)
棚:30~40cm(ウキゴム~オモリまで)
道糸:へら侍童心0.7号
上ハリス:へら侍童心0.5号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/30cm
上鈎:「極ヤラズ7号」
下鈎:「喰わせヒネリ4号」
ウキ:陽光作B4.5cmパイプトップ
*エサ落ちは4目盛だし


◆バラケエサ◆
粒戦50cc
粒戦細粒50cc
セットガン200cc
水200cc  *ドロドロにして10分放置
凄麩200cc
*30回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆20cc
水25cc
*フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる(練らない)

甲南14   

7:10頃に開始のアナウンスがあり

エサ打ちを開始しました。

アタリが出始めたのは10分後・・・ 

バラケが落ちた直後の力強いアタリで

ポツリポツリ釣れ始めます。

甲南18 

しかしアタリは散発で

釣れ続くような動きには程遠い感じ・・・

まずは魚を寄せるべく

大きめのバラケを手返し良く

打ち込んでいきます。

甲南12

しかし思ったより魚は沸かず

水面にも姿は、ほとんど見えない状態・・・

たまに姿が見えるようになるまでに

1時間程かかってしまいました。

甲南5

8時半過ぎくらいになると

ようやく本格的に魚が寄ったようで

毎回のようにサワリが出るようになってきました。

しかし糸ズレサワリは出るものの

力強いアタリは少なく

魚の活性は良くはない感じ・・・

上鈎のバラケエサにも、ほとんどヒットしてきません。

甲南6 

ポツポツとは釣る事が出来るのですが

安定して釣れている感じではなく

完全な拾い釣りの感じ・・・

バラケエサのタッチや下ハリスの長さを変えた時などに

反応して釣れてくるだけです。

甲南19

その後、水面に見える魚の姿は多くなり

釣っている棚には、たくさん寄っているように感じてきたのですが

見える割にはウキの動きは大人しく

決めアタリも少ないのでペースに乗る事が出来ません。

甲南20

10時頃までに18枚程釣れましたが

向かい風が強くなってきて

流れが出始めたので

これ以上のペースアップは無理と判断して

釣り方の変更をすることにしました。

甲南11 

とりあえず7尺を仕舞い

他の場所の様子を見に行く事にします。

甲南10 


続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク