Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

ひだ池「4月度月例大会」【4/26(土)】Ⅱ

201405 / 01
続き・・・  

 ひだ池25

昼食中に情報収集すると

全体的に外向きの釣り座が好調のようで

両ウドンの底釣りと

短竿の浅棚セットが釣果を上げている様子・・・ 
 
午後からは浅棚に変更しようか迷いましたが

トップ集団でも30枚台後半で

僕の釣果も、かなり良い方との事だったので

同じ釣り方で再開することにします。

ひだ池14

再開後は朝一と同様

5~6投目からアタリだし

すぐに釣れ始めました。

ひだ池20 

その後もアタリは続き

2枚目、3枚目も、すぐに釣れてきます。

ひだ池21 

ひだ池24  

朝一と同じく1時間程はカラツンも少なく

比較的順調に釣れていましたが

その後はボケてしまいウキが動く割には

釣れない時間が訪れてしまいました。

ひだ池26  

そこで午前中を思い出し

バラケエサを軟らかく手直しします。

すると少し復活 

しかし長くは続きません・・・。

ひだ池23  

その後、色々と試してみましたが正解が見つからず

結局、最後はバラケエサを硬いのと軟らかいのも

交互に打ったり、ハリスを伸ばしたり詰めたりして

反応してくる魚を拾いながら

釣っていく展開になってしまいました。 
 
ひだ池28 

最後の1時間は

その対応も効かなくなり大ブレーキ。

2枚程しか釣る事が出来ず

大会終了の15時を迎えてしまいます。 

ひだ池29 

結局、後半戦は24枚と釣果を落とし

上位グループには、さらに離されてしまい

検量の結果は32.2kg(55枚)で

5位に終わってしまいました。

ひだ池30

1位は旧桟橋外向き手前の

15尺両ウドンの底釣りで41.3kg。

2位は隣の座席で同じ釣り方で40.2kg。

3位は旧桟橋外向き奥の

8尺セミカッツケ力玉セットで36.8kg。

という結果となりました。

ひだ池31 
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク