Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

ひだ池「4月度月例大会」【4/26(土)】

201404 / 30
4/26(土)は愛知県豊田市にある

「ひだ池」に行って来ました。

ひだ池 
◆ひだ池ホームページ◆
http://hidaike.jimdo.com/


この日は毎月第3土曜日に開催される

池主催の月例大会の開催日で

池の常連である地元の友人達と参加しました。

ひだ池2 

この日の指定場所は

旧桟橋の両面の水道管より手前の座席。

6時チョイ過ぎに入場順の抽選を行い

指定場所内なら好きな場所に入釣出来ます。
(仲間内の場所取りは禁止)

ひだ池3

入場順が良ければ友人達と並んで座れるのですが

抽選の結果は62名中、50番・・・ 

ひだ池4

ほとんどの友人は1桁~10番台の

良い番号だったのですが

僕と他の1人だけが最後の方の番号だったので

並んで座るのは無理な感じ・・・

仕方ないので内向きの中央付近(№92)に

4席程ポッカリ空いていた座席に決め

二人だけは別に離れて座る事にしました。

早速タックルの準備を開始します。 

ひだ池7   

◆タックル◆
竿:7尺(神威)
棚:チョーチン
道糸:へら侍童心0.8号
上ハリス:へら侍童心0.5号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/50cm
上鈎:「極ヤラズ6号」
下鈎:「喰わせヒネリ3号」
ウキ:巧実 縦誘いGムク6号
*エサ落ちは3目盛だし


◆バラケエサ◆
粒戦100cc
粒戦細粒50cc
セットガン100cc
水200cc   *ドロドロにして10分放置
凄麩300cc
パウダーベイトスーパーセット100cc
*30回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆10cc
水15cc
*フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる(練らない)

ひだ池5 

6:40頃に開始の合図があり

エサ打ちを開始すると5~6投で魚の気配を感じ

それからすぐに1枚目がヒットしてきました。

ひだ池15

その後もアタリは続き

2枚目、3枚目と短い間隔で釣れてきます。

ひだ池16 

ひだ池17

ヒットパターンは上記基エサを弄らずに

1.2×1.7cm程に鈎付けし

トップがギリギリ水没するくらいに鈎付けします。

1~2回の軽い縦誘いで(トップ3目盛程)

バラケエサは完全に落ちてしまいますが

そこからも縦誘いを続けると

縦誘いをしトップが元の位置に戻りきる寸前に

半節~1節「チクッ」とアタリ

釣れてくるといったパターンでした。 

ひだ池18

その調子で8時くらいまでに

10枚を釣る事に成功します。

ひだ池19

しかし順調に釣れ続くと思いきや

そこから急激にペースダウンしてしまいました。

30分以上もノーカウントの時間が続きます。
 
水面には、たまに魚が見えており

たまに空ツンやスレはあるので

へら鮒は確実に寄っている様子・・・

ここでバラケを軟らかくする方向に弄ってみます。

ひだ池11 

すると朝のペースには及ばないものの

少しだけ復活。

ポツポツと追加して31枚とした所で

10:45の昼食休憩の時間となりました。

ひだ池10 

続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク