Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

甲南へらの池「3月度月例大会」【3/30(日)】Ⅱ

201404 / 01
続き・・・

甲南26 

周囲も同様に早い釣れ出しで

魚の活性は高い様子・・・

短竿のカッツケや段底

長竿のバラグルセットも

早くも釣れ出しています。

甲南5 

僕の方もポツポツとは釣れ出しましたが

あたる割にはヒット率が悪く

ペースが上がりません・・・

しばらくして釣れてきた正体はコレ。

甲南10 

良型のクチボソでした。

しかし、へら鮒も多く寄っており

水面には、たまに魚影が確認出来ます。

ここで棚を50cmに浅くすると

いきなりの連荘。

ヒット率も良くなり一瞬ペースが上がります。

甲南12 

しかし、しばらくすると元のペースへ・・・

なかなか正解が見つかりません。

そうこうしている内に雨はますます強くなり

正面の木の陰の境目と雨粒の波が重なり

ウキが見え難くなってしまいました。

甲南24

左隣の知人は7尺のカッツケセットで

調子良く釣っている事から

竿の長さは関係ないと考え

竿を7尺に変更する事にします。

タックルは10尺の時と同じです。

甲南25 

すると変更直後からアタリ

すぐに釣れ始めます。

甲南13

しかし、すぐに元のペース・・・

その後、棚を変えたりウキを変えたり

バラケのタッチを変えたりと試行錯誤しますが

変えた直後は連荘で釣れるものの

後が続かず不安定なペース・・・

方向性が全くつかめません。

甲南15 

ポツポツとは釣れるものの

完全な迷いの釣り・・・

釣れてくる魚のサイズも悪く

ウキの動きの割にはペースも上がらないので

もどかしい時間が続きます。

甲南6  

結局、11時頃まで迷い続け

昼食休憩の時間となってしまいました。

ここまでの釣果は25枚。

検量の結果は

集中力がなくフラシ交換を忘れ

1フラシの上限の10kgを1kg程、超えてしまい

10kgカットになってしまいました。
 
甲南3
  

続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク