Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

M-1カップ中京・関西予選「三川フィッシュパーク」【3/8(土)】Ⅲ

201403 / 13
続き・・・

三川31 

午前中の釣果は僅か6枚・・・

僕のグループのトップ集団は13枚前後釣っており

枚数では倍以上離されてしまいました。

三川18 

僕のグループの、ほとんどの人の釣り方は

竿一杯の段差の底釣りで

それ以外は両グルの底とチョーチンセットの人が

1~2名ずついるくらいの感じ。

トップグループの釣り方は段差の底釣りです。

三川17 

水深が深い場所にあるブロックでは

8~11尺のチョーチンセットでも釣れていましたが

僕のいるA桟橋の岸向きは

比較的浅くチョーチンをしている人も

あまり釣れている様子がなかったので

12尺の段底のまま再開しました。

三川32  

昼食休憩の時に参加者が一斉に移動し

ガタガタとしたせいか

1時間以上も気配なし・・・

周りの選手も、ほとんど釣れていません。

三川33

ここで同じ桟橋の裏向きの深場で

短竿のチョーチンセットが釣れ始めます。

一瞬、釣り方の変更が頭をよぎりましたが

ポイントが違うし今から変更した所で釣れないと

自分に言い聞かせ段底を通しました。

三川12

しかし状況が良くなる事なく

あっという間に2時間が経過してしまいます。

午後からの釣果は

突然あたって釣れた1枚のみ・・・

三川34 

トップ集団の2名は既に1回目の検量を済ませており

Aブロックでは独走態勢・・・

残り時間を考えると逆転は不可能な感じです。

三川28

その2名が全体の6位以内に入って

Aブロックの枠が広がる事を願いながら

釣りを進めました。

三川32

結局、残り時間10分程前に

突然のアタリで1枚追加できましたが

ほとんどアタリを貰う事が出来ず

午後からの釣果は2枚のみで

大会終了の時間を迎えてしまいます。

三川35 

検量の結果は4.2kg(8枚)。

枚数は少ないですが

周囲の選手が小鮒に悩ませる中

良型を揃える事は出来ました。

三川29

1位2位の選手はブッチギリでしたが

3位以下の選手の釣果は団子状態なので

上手い事いけば予選通過になるかも知れません。

道具を片付け駐車場で

固唾を呑んで結果を待ちます。

三川36 

20分程待っていると

結果表が張り出されました。

三川39  

結果はAブロック5位で敗退・・・

1位2位の選手が全体の6位以内に入ったので

Aブロックの予選通過枠は4人に広がりましたが

4位の選手に600g届きませんでした。

次のM-1カップ中京・関西予選は

5/17(土)に滋賀県の「甲南へらの池」で行われます。

予選通過出来るように、もっと練習しなかれば・・・ 

結果
http://www2.marukyu.com/taikaike.nsf/

予選通過した皆さん

おめでとうございます。

三川42 

三川40 
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク