Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

水藻フィッシングセンター【6/10(日)】

201206 / 11
6/10(日)は大阪府貝塚市にある「水藻フィッシングセンター」へ行ってきました。

◆水藻フィッシングセンター◆
〒597-0051
大阪府貝塚市王子1185
℡0724-32-7605


この釣り場はブラックバスの管理池としても有名で

両方とも同じ池の中で営業しています。(桟橋は別で仕切り網があります)

水藻バス釣り場 この日はバス釣りのお客さんも、たくさん来られていました。


この日は6/23(土)に行われるM-1カップに向けての練習を兼ねての釣行で

友人達と2号桟橋の手前3号向きに7名並んで入る事にします。

水藻 
まずは大会の本命の釣り方になるであろうと思われる

7尺チョーチンセットから開始することにしました。

◆タックル◆
竿:普天元独歩7尺
棚:チョーチン(竿一杯)
道糸:へら侍童心1.0号
上ハリス:へら侍童心0.6号/7㎝
下ハリス:へら侍童心0.5号/15㎝
上鈎:鬼掛「極ヤラズ9号」
下鈎:鬼掛「極ヤラズ6号」
ウキ:吉田作グラスストローク7号(カヤボディー8㎝)
*エサ落ち目盛はクワセエサを付けた状態で7目盛出し
水藻うき

◆バラケエサ◆
粒戦100㏄
パワーⅩ100㏄
水200㏄   *ドロドロにして5分放置
スーパーD300㏄
ガッテン200㏄
軽麩100㏄  *50回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
力玉ハード(マルキュー新製品)


先日、同池で行われた大会でパワー系の短ハリスのセット釣りで良い結果

を出したという友人に習い上記セッティングで開始します。

7時頃から開始すると1投目よりサワリがあり、2投目には釣れて来てしまいました。

3枚目くらいまでは寄り始めの素直なへらの為か順調に釣れてきて

今日は1日入れパクかと思いましたが、魚が多く寄り

水面にへらが見え始めると糸ズレアタリばかりになってきてしまいます。

水藻2 

それでもポツポツとは釣れるのですが、上で食って持っていってしまうような

アタリが多く、バラケエサの方にばかりヒットしてくるので納得いきません。

バラケのタッチやハリスの長さを変えてみても状況は良くならず

同じような状況が続きます。

最後はバラケをダンゴタッチの物の変えクワセエサをヒゲトロに変えてみたものの

寄り始めの2~3枚は素直に釣れたものの、その後は同じような状態に

なってしまい、たまに釣れてもダンゴばかり食ってくる状態になってしまいました。

周りの友人たちも同じような釣り方をしていましたが状況は同じ様子。

ポツポツは釣れているものの入れパクとはいかない状態でした。

魚が寄る割には食いは良くない様子・・・

しかし、上鈎のバラケエサにかなり反応するので

竿と棚はそのままで、両ダンゴのチョウチン釣りに変更することにします。



続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク