Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

宮川園【2/1(土)】Ⅱ

201402 / 05
続き・・・

宮川園 

1枚目を釣った後も

アタリは続き2~3投後に

同じようなアタリで

600g級の良型を追加します。

宮川園9  

その後は少し間が空いてしまいましたが

魚の気配は続きポツポツのスローペースですが

釣れるようになってきました。

宮川園10 

宮川園11

ヒットパターンは基エサをいじらずに

1×1.5cm程に鈎付けし

トップの先端付近まで深くなじませます。

そこからジワジワ上がるよりも

10秒くらいで完全に鈎から落ちてしまうくらいに

ラフ付けした方がアタリの出る確率が高いように感じました。

宮川園7 

アタリの出るタイミングは

バラケが落ちる寸前~直後の早い物も

1~2割程ありましたがメインは

クワセエサの状態になって

5分くらい待ってからの小さいアタリで

縦誘いをして馴染みきって落ち着いた

直後にアタル事が多いと感じました。

宮川園12 

11時半までに

良いサイズを7枚を釣る事に成功し

昼食休憩に入ります。  

宮川園14   

午後からは、かなり暖かくなり

春のような陽気になります。

友人達は、いつの間にか

短竿のメーターセットに変更していました。 

宮川園6

しかし陽気とは裏腹に

状況は良くなる事はなく

浅棚に変更した友人達も苦戦している様子で

僕も午前中と同じようなペース・・・

釣れて来るのは昨年放流されたと思われる

きれいな良型ばかりでしたが

6枚を追加しただけで 

16時の納竿時間を迎えてしまいました。

宮川園13 

トータルの釣果は13枚。
 
陽気の割には数が伸びなかったものの

魚のサイズが良く 

引き味を楽しめたので枚数の割には

満足感が得られた釣行となったのでした。
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク